弁理士試験-同日出願の協議成立後の取り扱い (2017.06.20)

同日出願の協議成立後の取り扱い

商標8条(先願)の同日出願について - 初心の者
2017/05/31 (Wed) 16:05:17
商標審査基準の第8条の解説箇所に、「出願が同日に相互に同一又は類似の関係にある他人の出願と競合したときは、該当するすべての出願に対し、協議命令と第8条第2項及び第5項の拒絶理由の通知を同時に行うこととする。」とあります。
この場合、拒絶理由通知後に、協議が成立して届け出があった場合、登録される出願人についての拒絶理由はどのように処理されるのですか? 「拒絶理由の取消通知」のようなものが出されるのでしょうか?
簡単な事項でしょうが、疑問が涌いたので質問させてもらいます。宜しくお願いします。


Re: 商標8条(先願)の同日出願について - 管理人
2017/06/01 (Thu) 06:41:23
そのまま登録査定がでると思います。
特許でも意見書なしで補正した場合、特許査定となることがあります。
商標でも届け出が出れば、拒絶理由が解消したと扱われると思います。


【関連記事】
「同日出願の協議届出後の扱い」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H29年短答試験意匠問01」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

弁理士試験-異議申立の併合 (2017.06.19)

異議申立の併合

特120条の3、同一の特許権 - Lets'Go!
2017/05/17 (Wed) 22:39:49
特185条では、準用されていません。ということは、この条文の「特許権」は請求項ごとではなくてよい。つまり、
甲が第1項にして、乙が第2項に異議申立てした場合も併合されるということでしょうか?
当事者対立構造でもないし、特許庁は「まとめてめんどうみまっせ」という感じでしょうか?


Re: 特120条の3、同一の特許権 - 管理人
2017/05/18 (Thu) 14:50:57
その通りです。
つまり、同一の特許権に複数の特許異議の申立てがあったときは、特許異議の申立てがされる請求項にかかわらず、特別の事情がある場合を除き併合されます。
https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/sinpan-binran_16/67-07.pdf


Re: 特120条の3、同一の特許権 - Lets'Go!
2017/05/18 (Thu) 17:18:55
ご回答ありがとうございました。

あとから、特154条の場合で考えればよく、また、132条(請求項ごと)との違いをしっかり認識すればよいと思い至りました。

【関連記事】
「特185条」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H29年短答試験特実問20」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

弁理士試験-H29特実問9 (2017.06.16)

H29特実問9

H29年、特9(ハ)(二) - Lets'Go!
2017/05/29 (Mon) 18:34:51
お世話になります。管理人様のペースもおありと思います所ですが、可能でしたら、参照すべき箇所(条文、青本、等)を教示お願いします。

どちらも、間違えました。
ハ「パリ条約、複数優先の場合の書類提出期間」
 最先の方に合わせないといけない(出願Aから1年4月以内)ということのようですが?

二「出願Bに関して、公開請求があった場合は、公開される」という理由でしょうか?

また、(イ)ですが、
特許出願Cですが、問題はロ、ハについて、優先権を主張できるか? を聞いてますが、イについてもできる(特41条1項柱書)ということで、よいのでしょうか?


Re: H29年、特9(ハ)(二) - 管理人
2017/05/30 (Tue) 14:58:37
枝ハは、特43条2項に記載の通りですので冷静に考えればわかると思いますし、青本にも記載があります。
基礎出願の日として、例えば、出願Aの最初の出願の日と、国内優先権の主張を伴う出願Bの基礎出願の日と、パリ優先権の主張を伴う出願Cの基礎出願の日とがある場合(複合優先)でも、これらのうち最先の日が提出期限の基準日となるわけです。
当然、出願Aの最初の出願の日と出願Bの最初の出願の日とがある場合にも、これらのうち最先の日が提出期限の基準日となるわけです。

枝ニは、出願公開の請求の場合ですね。
枝イは、発明イについても、出願Aを基礎とする国内優世権主張出願ができますね。


Re: H29年、特9(ハ)(二) - Lets'Go!
2017/05/30 (Tue) 22:11:00
(ハ)は青本を学習していて、19版、P.157の意味をそれと気づいてしっかり理解してないと、解けないですね。
予備校のテキスト等にも、この点の注意喚起がありません(来年から載るかも、ですが)。引っ掛けられたか、50点越えの合格弁理士の出題と思いました。

どうもありがとうございました。


【関連記事】
「H29年短答特実問09」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H29年短答試験特実問19」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事