弁理士試験-H20問11枝3 (2010.03.16)

H20問11枝3

マドリッド協定議定書について - Bond
2010/03/12 (Fri) 22:19:02
平成20年の弁理士試験問題で、「締約国Xに現実かつ真正の商業上の営業所を有する締約国Yの国民が、締約国Xを
領域指定して国際出願をする場合には、Y国の官庁にされた標章登録出願又はY国の官庁の登録簿に登録された標章登録を、基礎出願又は基礎登録としなければならず、X国の官庁にされた標章登録出願又はX国の官庁の登録簿に登録された標章登録を、基礎出願又は基礎登録とすることはできない」という文章がマルかバツかという問題ですが、
解答は「締約国Yの国民がX国又はY国以外の締約国に住所を有し、当該国の官庁に標章登録出願をしている場合等には、当該出願を基礎出願等として締約国Xを領域指定して国際出願を行うことができる。」とあり、バツとなっています。
しかし、締約国Xは、基礎出願がされている国であるから本国に当たり、本国を領域指定することは禁じられているから、解答はマルになるのではないでしょうか。お教えください。


Re: マドリッド協定議定書について - 管理人
2010/03/16 (Tue) 00:18:33
まず、ご質問の際は問題の番号までご指摘いただけると助かります。
さて、平成20年の問11の枝3に関するご質問ですね。
ご指摘の点はおっしゃる通りで、マドプロ3条の2により、本国を領域指定することはできません。
よって、LECの回答は誤りです。

・・・と言いたい所ですが、よく回答を読んで下さい。
「X国又はY国以外の締約国に住所を有し」とあります。
つまり、Z国に住所があるんですね。
というわけで、当該Z国を本国として国際出願する場合を考慮すれば、「Y国の官庁にされた標章登録出願又はY国の官庁の登録簿に登録された標章登録を、基礎出願又は基礎登録としなければならず」との記載が誤りであるため、本枝はバツとなります。

しかし、この問題は無理やり読まないと正解できないような悪問ですね。
これができなくても合否に影響はほとんどないはずです。

【関連記事】
国際登録への代替

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法45条」です。


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
 弁理士ブログランキング
  
 ブログ王ランキング


↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : H20問11枝3 弁理士試験 商標

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事