研究開発は社員のモチベーションを高めることが大切 (2010.03.08)

研究開発は社員のモチベーションを高めることが大切

研究開発は社員のモチベーションを高めることが大切です(Tech-On)

うなずける内容が多い記事だ。

「研究開発は人間がやるだけに、研究者本人が強い興味を持ち、解明したいというモチベーションが研究開発時でのひらめきや粘りを生み出し、独創的な研究開発成果に結びつくケースが多いからだ。」〔引用ママ〕
「自由参加で新商品開発を議論する場である。経営陣から中堅社員、若手までが参加し、あるテーマを基に自由に議論する。原則、結論を出さない。」〔引用ママ〕
「人事面でも「評価Cの社員を大切にするようにしている」」〔引用ママ〕

面白いし、納得できる。
開発者のやる気を引き出すマネジメントが大事だと思うし、
開発内容と経営とのマッチングは、
開発者の問題ではなく、管理者の問題なのだと思う。

とはいえ、会社に逆らって研究を続けるのも、
それはそれでどうかと思ったり・・・。
仕事をこなす代わりに、好きな研究もできるという仕組みが、
発明者を上手く働かせるのであろうか?

【関連記事】
外国人発明者を日本に受け入れ

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法43条の10」です。


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
 弁理士ブログランキング
  
 ブログ王ランキング


↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

tag : 研究開発は社員のモチベーションを高めることが大切 弁理士

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事