ニュース-EPO拡大審判部が特許性の例外を判示 (2010.02.19)

EPO拡大審判部が特許性の例外を判示

EPO 拡大審判部,「人体への物理的な介入を含む診断のための撮像方法」が特許性の例外にあたると判示(JETRO)

医療系の会社には興味深い内容だと思う。
特に、造影剤の心臓への注入を含む撮像方法が、
特許の保護対象から除外されるかというのは厳しい。
CT関係の撮影方法クレームは全滅か?

なお、正確には下記の通り。
「質問.人体又は動物の体に対し物理的な介入(本件の場合,造影剤の心臓への注入)を施すステップからなる又は包含する診断(G1/04 により与えられた意味における検査工程)のための撮像方法のクレームは,そのステップが本質的に生命や健康の維持を目的としていない場合に,(旧)EPC52 条(4)に従い「手術による人体又は動物の体の処置方法」であるとして特許の保護対象から除外されるか?

答え.撮像方法が実施される時に被験者の生命や健康の維持が重要であって,実行されるために専門的な医療の技能を必要とし,要求される専門的なケアと技能を伴って行われる時においても実質的な健康のリスクを伴う,人体への実質的に物理的な介入を意味する侵入的なステップからなる又は包含する撮像方法のクレームは,EPC53 条(c)に従い「手術による人体又は動物の体の処置方法」であるとして特許性から除外される。」

【関連記事】
EPOが分割出願の可能期限を制限

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法42条」です。


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
 弁理士ブログランキング
  
 ブログ王ランキング


↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

tag : EPO拡大審判部が特許性の例外を判示 特許 改正

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事