弁理士試験-発明の名称の職権訂正 (2009.12.02)

発明の名称の職権訂正
本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法13条」です。

発明の名称について - pat
2009/12/01 (Tue) 11:31:22
公報を見ていたら発明の名称が「一般的化学結合」という特許公報を見つけ、自ら新規性を否定しているじゃないか!と、つっこみを入れてみました。ところで、こうした「発明の名称」に対する補正命令等の規定は存在するのでしょうか?

以前、海外の出願(アメリカかカナダあたりだったと記憶しているが忘れました)に対して、審査官から発明の名称が明細書の内容と相違しているとして補正命令?をもらった経験があり、日本にもそのようなことはあるのかなと思いまして・・・


Re: 発明の名称について - 管理人
2009/12/02 (Wed) 12:27:25
特許・実用新案 審査ハンドブックの51.01(http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/handbook_shinsa/51.pdf)に記載があります。
それによると、「実質上発明の内容に直接関係がないことが明らかな記載」や「特許請求の範囲と明らかに相違している発明の名称」は、職権で訂正されます。

なお、日本の場合、拒絶理由に補正の示唆として付記されることもあります。
発明の名称が単独で拒絶理由(特36条)として通知された経験もありますが、稀ですね。

【関連記事】
仮専用・通常実施権の登録


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ ←本日3位です。ご協力お願いします!
 弁理ブログランキング
   ←本日1位です。ご協力ありがとうございます!
 ブログ王ランキング


↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 発明の名称の職権訂正 弁理士試験

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事