弁理士試験-著作権法26条の2 (2017.04.07)

著作26条の2

著作権法26条の2 - 超初心者
2017/03/25 (Sat) 08:03:41
譲渡権は著作物の原作品または複製物を特定少数に譲渡する場合でも働く場合があると考えますが(26条の2第2項4号)、以下の過去問では、公衆に譲渡していないという理由によって譲渡権侵害を否定しています。このケースでは、26条の2第2項4号の規定を考慮する必要はないのでしょうか。

過去問H21-13(2)
甲は、購入した音楽CDをCD−Rに複製し、そのCD−Rを友人である乙に譲渡した。甲による複製は、私的使用のための複製に該当しないため、音楽著作物の複製権を侵害し、CD−Rの乙への譲渡は、その譲渡権を侵害する。
→✖️


Re: 著作権法26条の2 - 管理人
2017/03/27 (Mon) 12:09:30
「承諾を得た者により特定かつ少数の者に譲渡された著作物の原作品又は複製物 」(著作26条の2第2項4号)には、譲渡権が適用されないので、つまりは、「特定少数の人」への譲渡に譲渡権は働きません。
よって、頒布権(著作26条)と混同されているように思います。


【関連記事】
「H21年短答試験問13」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「受験機関を選ぼう」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事