弁理士試験-内国民待遇について  (2017.03.15)

内国民待遇について

パリ条約、内国民待遇について - Lets'Go!
2017/03/06 (Mon) 13:41:03
特25条1号は、我が国を基点として「平等主義」で、2号は「相互主義」と習ってますが、パリ条約の内国民待遇は、日本以外の加盟国に対して、一律適用ということなので、「平等主義」と理解しますが、それでよいでしょうか?
同様に、TRIPS・4条の「最恵国待遇」も「平等主義」と考えてよいでしょうか? 結局、「無条件の一律適用」事項は、「平等主義」ということでよいでしょうか?


Re: パリ条約、内国民待遇について - 管理人
2017/03/08 (Wed) 14:55:19
平等主義と内国民待遇は違うと思います。
すなわち、内国民待遇は外国人を内国民と同等に扱うことです。
一方、平等主義は、外国において内国民待遇であるならば、当該国の外国人を内国民と同等に扱うという意味です。

最恵国待遇も平等主義は違うと思います。
すなわち、別の第三国に対する待遇が有利ならば、当該国の外国人と同等に扱うという意味であり、内国民とは関係ありません。


Re: パリ条約、内国民待遇について - Lets'Go!
2017/03/08 (Wed) 18:04:23
管理人様 ご回答は「相互主義」ではないでしょうか?「相互主義」は一々、相手国の対応を考えねばならず、2か国間協定になりますので、問題です。
特25条1号は、「内国民待遇の原則」そのままのように思えます。
外国がパリ条約に入って、「内国民待遇の原則」遵守で行くということは、特25条1号該当と考えます。よって、「平等主義」です。
2号は、「パリ条約に入ってない相手国」が「日本が自国人に権利を認めるなら(国内法令等で)、日本人にも自国民と同一条件で、権利を認める」という場合で、それが「相互主義」とのことですから、2国間協定(条約)で、そうする必要があるということだと考えます。
がどうでしょうか?

リンクは、パリ条約の5条の5の意匠の場合と実用新案の扱いが例ででていましたが、これは、パリ条約の原則が「内国民待遇」である所、5条の5が書き換えているわけである所、「実用新案は書き換え規定がない」と理解しました。


Re: パリ条約、内国民待遇について - 管理人
2017/03/13 (Mon) 14:44:58
『「相互主義」は一々、相手国の対応を考えねばならず、2か国間協定になりますので、問題です。』『外国がパリ条約に入って・・・』とありますが、特25条3号の意味をよく考えましょう。


【関連記事】
「内国民待遇と意匠の保護」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「受験機関を選ぼう」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事