弁理士試験-特29条の2における発明の同一 (2017.02.15)

特29条の2における発明の同一

特29の2における発明の同一について - 初心者
2017/02/11 (Sat) 18:16:07
手持ちの参考資料に、『特29の2の適用では、先願の当初明細書に「断面が六角形の鉛筆」と記載されていれば、その記載から上位概念である「断面が多角形の筆記具」を引用発明として認定できる。』との記載があります。
これは、特29の2では、先願発明と後願発明の両者の発明特定事項に相違点があっても、課題解決のための具体化手段における微差である場合は、両者は実質同一と考えるからなのでしょうか?
どうもよくわかりません。ご教示をお願いします。


Re: 特29の2における発明の同一について - 管理人
2017/02/13 (Mon) 12:18:36
微差だからというよりも、例えば、鉛筆の断面が開示された図面があったとして、「断面が六角形」という絵からは「断面が多角形」という上位概念も読み取れるので、仮に「断面が多角形」という後願があったとしたらば、特29条の2(場合によっては特29条1項3号)で拒絶するということです。


Re: 特29の2における発明の同一について - 初心者
2017/02/14 (Tue) 23:58:37
管理人 様
ご回答ありがとうございます。「微差」というのはご指摘のとおり変ですね。「多角形断面の筆記具」という上位概念が読み取れれば、特29の2で拒絶できるという意味と理解しました。
これに関連した質問ですが、もし、先願に上位概念の「多角形断面の筆記具」が記載されていれば、後願で「六角形鉛筆」という下位概念で表現された発明は、特39の実質同一の考え方と同じように考えると、特29の2の適用により、後願は拒絶されないと思うのですが、間違っていないでしょうか?


Re: 特29の2における発明の同一について - 管理人
2017/02/15 (Wed) 12:13:11
正しいです。
先願に上位概念で表現された発明と、後願で下位概念で表現された発明とは同一ではないので、後願は特29条の2では拒絶されません。


【関連記事】
「下位概念の後願特許について」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「受験機関を選ぼう」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事