弁理士試験-二以上の意匠を包含する国際出願 (2016.05.21)

二以上の意匠を包含する国際出願

意匠法第60条の6 - みかん
2016/05/03 (Tue) 10:58:46
第60条の6
2 二以上の意匠を包含する国際出願についての前項の規定の適用については、同項中「された意匠登録出願」とあるのは、「国際登録の対象である意匠ごとにされた意匠登録出願」とする。
の「国際登録の対象である意匠ごとにされた意匠登録出願」とは、2以上の意匠を包含する場合も、一意匠一出願の規定に符合しているとみなして、審査をするという意味でしょうか。

ご教示いただきたくお願い申し上げます。


Re: 意匠法第60条の6 - 管理人
2016/05/09 (Mon) 12:18:44
2以上の意匠を包含する場合は、意匠ごとに一の意匠登録出願とみなして、意匠一出願の規定に符合させるという意味であると思われます。


Re: 意匠法第60条の6 - みかん
2016/05/16 (Mon) 09:17:41
ありがとうございました。


Re: 意匠法第60条の6 - みかん
2016/05/16 (Mon) 09:33:35
改正説明会の資料のP35なのですが、
「国際登録の対象である意匠が意匠法第7条(一意匠一出願)の要件を満たさない場合には、拒絶の対象となる※複数の意匠を含む国際出願の場合、我が国では「国際登録の対象である意匠ごと」の出願とみなされるが、それがそのまま、意匠法第7条に規定する「経済産業省令で定める物品の区
分により意匠ごと」にした出願を意味することとはならない」と記載されています。

拒絶はされるのでしょうか?されないのでしょうか?


Re: 意匠法第60条の6 - 管理人
2016/05/16 (Mon) 12:13:29
25頁に書いてある通り、「国際出願が複数の意匠を含む場合、含まれる意匠ごとの複数の出願とみなす」ですが、当該複数の出願のそれぞれについても意匠法第7条(一意匠一出願)の要件を満たす必要があるという意味です。

複数の出願のそれぞれについて要件不備なら拒絶され、要件を満たせば拒絶されません。


【関連記事】
「ジュネーブ協定の国際意匠登録出願について」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「弁理士試験の短答試験及び論文試験の免除」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事