弁理士試験-部分意匠の破線の補正 (2015.12.04)

部分意匠の破線の補正

組物の意匠と部分意匠 - あやパパ
2015/11/29 (Sun) 13:09:22
組物の意匠を出願していて、例えばフォーク・スプーン・ナイフの組物の柄に共通の特徴を持たせていて、この柄の部分を実線で表記し、他の部分を点線で表記した場合について教えてください。これは部分意匠としての出願を組物についてしているので拒絶されると思います(8条)。点線を実線に補正することは認められるのですか?そして、上記の場合、組物の意匠として、拒絶理由は解消されるのですか?


Re: 組物の意匠と部分意匠 - LetsGo
2015/11/30 (Mon) 16:28:04
まだ短答にも受からない受験生ですが、部分意匠から全体意匠に訂正する補正であるため要旨変更補正で決定却下(17条の2①項)ではないでしょうか?(審査基準71.10.4)


Re: 組物の意匠と部分意匠 - 管理人
2015/12/03 (Thu) 14:48:02
LetsGoさん
回答へのご協力ありがとうございます。

さて、「その他の部分」の一部を実線にする補正は原則要旨変更ですので、点線を実線に補正することは認められません。
例外的に、「意匠登録を受けようとする部分」の形態、位置、大きさ、範囲が、当然に導き出すことができる同一の範囲を超えなければ、補正できます。
しかし、ご質問の事例は、要旨変更であると思われます。

【関連記事】
「部分意匠のその他の部分の補正」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H27年短答試験問60」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事