ニュース-鳥二郎のパクリ商法は合法だと思う (2015.04.23)

鳥二郎のパクリ商法は合法だと思う


鳥貴族vs鳥二郎 仁義なき商標の戦いの3つのポイント 焼き鳥屋対決の行方は?(BLOGOS)
「鳥二郎」のパクリ商法疑惑ー法整備をなんとかしなきゃあ(BLOGOS)

鳥貴族vs鳥二郎がニュースになっています。
簡単に説明すると、
焼き鳥屋チェーンの鳥貴族が、
その内装等のいわゆるトレードドレス(もしくは商品等表示)を模倣されたとして、
鳥二郎を訴えたというものです。

正直、看板は非類似に思いますが、
トレードドレスはパクったんだろうなと思います。
よく言えば、参考にしたというか・・・。

ただ、パクるのが悪いのかと言えば、
消費者を欺く(混同を期待する)意図でパクッたのでなければ、
違法行為(又は不正競争行為)とまではいかないと思います。

つまり、成功モデルを真似するというのは手法として一般的であり、
一方、成功者だけが自社モデルを独占できるとすると、
これは保護が行き過ぎであり、正当な競争の弊害になってしまうからです。

また、過去には、同様の訴訟として「一蘭vs康竜事件」というのがありまして、
結局、これも和解しているわけです。
(『ラーメン屋「一蘭」訴訟問題と知的財産法について』に詳しいのでぜひご覧下さい)

私の感覚では、
 ・内装やメニュー表示等を「商品等表示」と認めさせるのは難しい(ニュースで見る限り、鳥貴族のそれが特徴的なものとは思えない)
 ・看板については、両社が商標登録しており非類似である可能性が高い(ただし、鳥二郎側は異議申し立てを受けている)
というわけで、パクリはしたんでしょうが、
それが不正競争行為とはまではいかないと思います。

多分、今回も和解でオシマイでしょう。

【関連記事】
「サトウVS越後製菓の虚偽主張が酷い件」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「短答用レジュメ2015年版(ver.2のみ)提供開始」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

tag : 訴訟

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事