弁理士試験-商6条2項違反について (2014.10.23)

商6条2項違反について

商6条2項違反について - 太陽王
2014/10/18 (Sat) 07:53:17
口述の問題集にこういう問題がありました。
Q「願書に指定商品または指定役務のみが記載されていて、商6条2項の政令で定める商品及び役務の区分の記載がないとき、その商標登録出願はどのように扱われますか」
A「特許庁長官により、手続の補正が命じられます(準特17条3項)」

私は15条3号で拒絶なのかなと思ったのですが、「区分が全く記載されていない」=長官により補正命令、「区分が記載されているけど適切ではない」=拒絶理由通知、という理解でよいでしょうか?

以上、よろしくお願いします。


Re: 商6条2項違反について - 白服 URL
2014/10/18 (Sat) 08:47:27
こんにちは、白服です。(^o^)

その問題集の問は、商標審査基準に載っている例を指しているものと思われます。商標審査基準には、

「8(2) 指定商品又は指定役務のみが記載されているときは、補正指令(方式)の対象となる。」

と記載されています。

また、「区分が記載されているけど適切でない」場合とは、例えば「第○類 ▲▲,■■」と記載した場合に、■■は第○類以外の区分に属するのが正しいと審査官により判断されたことを指していると理解します。その場合は拒絶理由通知が来ます。私は経験あります。(^o^;)

ちなみにこの場合の対応としては、
「第○類 ▲▲
 第◇類 ■■」
と補正するとともに、区分数が増加したことによる追加手数料を支払います。


Re: 商6条2項違反について - 太陽王
2014/10/18 (Sat) 19:59:43
白服様

ありがとうございます!


【関連記事】
「著作30条の3」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H26年短答試験問29(短答解説)」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 商6条2項 弁理士試験 特許庁 商標

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事