弁理士試験-パリ優先と新規性喪失の例外 (2014.05.29)

パリ優先と新規性喪失の例外

パリ優先と新規性喪失の例外規定 - あやパパ
2014/05/24 (Sat) 13:27:06
A国にて新規性喪失、3ヶ月後に新規性喪失の例外適用を受けてA国にて出願X、更に2ヶ月後に出願Xを基礎としてパリ優先を主張して出願Y。出願Yは新規性喪失から6ヶ月以内なのでパリ優先と併せて新規性喪失の例外を主張できる。ここで、質問なのですが、出願Yの際には、パリ優先とは関係なく国内出願と同様であって、新規性喪失の例外の申請が必要だと思います。分割出願のようなみなし規定もないようですので。出願Yと同時にその旨、30日以内に証明で良いのでしょうか?


Re: パリ優先と新規性喪失の例外規定 - 管理人
2014/05/28 (Wed) 14:51:45
事例をまとめると、外国(A国)で新規性喪失を喪失してから5ヶ月後に日本に出願Yをしているので、特30条3項の手続き、つまり出願Yと同時に新規性喪失の例外の適用を受ける旨の書面を提出、出願から30日以内に証明書の提出です。

ところで、事例を複雑にすることで、簡単な問題を分かり難くしているように感じます。


【関連記事】
「特許法29条の2-30条」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H25年短答試験問10(短答解説)訂正!」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

tag : 特30条3項 弁理士試験 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事