弁理士試験-分割出願を基礎とするパリ優先 (2014.05.23)

分割出願を基礎とするパリ優先

分割出願に対するパリ優 - あやパパ
2014/05/18 (Sun) 04:36:42
X国に出願Aを行い、分割出願Bを行った。Y国にて分割出願Bを基礎としてパリ優先権主張をして出願Cを行った場合について教えてください。(審査基準がよく分からないので)
次のように理解しましたが、どうなのでしょうか?これならすっきりするのですが。

パリ優先は最先の内容について優先権を持たせるので、Bの中で、Aに書かれていることは優先権を持ち得ない。ところが、分割出願なのでBに書かれていることは基本的には全てAに書かれている。このため、出願Cで行ったパリ優先権主張は意味を持ち得ない。これは、X国で出願Aをして、Z国で出願Aを基礎としてパリ優先権主張をして出願Aに全て含まれる形の出願Bをして、更に、Y国で出願Bを基礎としてパリ優先権主張をして出願Cをしたのと同じ状況。


Re: 分割出願に対するパリ優 - 管理人
2014/05/21 (Wed) 12:29:35
仮にY国が日本だとすると、パリ優先権の基礎とされた分割出願Bは、その出願の前になされた出願Aに記載された部分については、パリ4条C(2)にいう「最初の出願」とはできません。
そして、X国の分割出願が日本と同様であると仮定すると、重複部分については優先権の主張の効果が認められないので、現実の出願日に出願したものとして扱われると思います。

なお、前段の質問と後段の状況とは、取扱いの点においては同様といえます。

ところで、質問が集中する直前期に、この手の仮想の質問は避けて頂けると助かります。


【関連記事】
「分割とパリ優先」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H25年短答試験問10(短答解説)訂正!」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 分割出願を基礎とするパリ優先 弁理士試験 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事