弁理士試験-商標権と裁定 (2014.05.23)

商標権と裁定

裁定について - 青本
2014/05/19 (Mon) 08:59:51
特実意では利用抵触がある場合は裁定の請求ができます。
しかし、商標法の場合は抵触があっても裁定請求はできません。
ここでちょっと引っ掛かっています。

例えば、
①商標権が先願登録意匠と抵触している場合、商標権者は意匠権者に対して裁定の請求はできない。
②登録意匠が先願登録商標と抵触している場合、意匠権者は商標権者に対して裁定請求できる(意33条)。

意33条の文言だと、こういう事だと思うのですが、いかがでしょうか?
短答直前で焦っています。
よろしくお願いします。


Re: 裁定について - 青本
2014/05/19 (Mon) 10:37:52
上記内容に追記です。

上記②の場合、商標権者は意26条の「他人」となるので、意匠権者に対して、クロスライセンスの裁定請求ができる(33条4項)。

という事でしょうか?

さらに追記ですが、上記②の場合、意匠権者が裁定により、商標の通常使用権を取れるとすると、商標法で裁定制度を導入しない理由の『商標権者の意思によらず、強制的に使用権を設定する裁定制度は導入し得ない』という趣旨に反すると思います。

よろしくお願いします。


Re: 裁定について - 初心者(海外在住)
2014/05/19 (Mon) 21:42:59
商標権に対しては裁定請求できないのではないでしょうか?


Re: 裁定について - 初学者
2014/05/19 (Mon) 23:46:47
意匠33条に商標権者に裁定の請求ができるとは、書いてありません。


Re: 裁定について - あやパパ
2014/05/20 (Tue) 13:45:59
商標については裁定は全くありません。
出所混同に関わるあるいはブランド価値に関わるものについて、お上が、”この商標をだれそれに使わせなさい”と命令するのは不合理だからです。
と習いました。


Re: 裁定について - 青本
2014/05/20 (Tue) 15:33:02
ご回答いただいた皆様ありがとうございます。
特72条、特92条、意26条、意33条、商29条を熟読したところ、商標権者は裁定請求することも、されることも出来ないことが解りました。
お騒がせしました。


【関連記事】
「裁定通常実施権」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H25年短答試験問10(短答解説)訂正!」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 意33条 弁理士試験 商標

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事