弁理士試験-債権者代位に基づく差止請求 (2014.05.23)

債権者代位に基づく差止請求

債権者代位権(民423条)に基づく差止請求 - 太陽王
2014/05/04 (Sun) 23:21:26
お世話になります。

通常実施権者による債権者代位権(民423条)に基づく差止請求ですが、
TACの論文マニュアルでは、独占的通常実施権でもそれ以外の通常実施権でも、
第三者の実施排除協力義務を契約で明記している場合は行使可能とあります。

一方、過去問の解説(正林真之監修 論文過去問マスター、平成5年特第1問)では、
独占的通常実施権の場合のみ、代位行使が可能とあります。

どちらが正しいのでしょうか。
以上、よろしくお願いします。


Re: 債権者代位権(民423条)に基づく差止請求 - 管理人
2014/05/13 (Tue) 12:28:13
独占的通常実施権の場合でも、独自の権利として差止請求権を行使することはできません。
また、特許権者の有する侵害者に対する妨害排除請求権を代位行使することによって、特許権者の実施権者に対する債務の履行が確保される関係にはないので、債権者代位による保全も許されないと解されます。
一方、独占的通常実施権でもそれ以外の通常実施権でも、特約により、特許権者が権限なき第三者の実施を排除する義務を負う旨を明示している場合には、代位行使が認められます。

なお、私見ですが、独占的通常実施権については黙示的に権限なき第三者の実施を排除する特約が結ばれると解する余地はあるように思われます。


【関連記事】
「独占的通常実施権と不法行為」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H25年短答試験問10(短答解説)訂正!」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 弁理士試験 特許 債権者代位に基づく差止請求

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事