弁理士試験-パリ条約4条Cの最先について (2014.03.24)

パリ条約4条Cの「最先」について

パリ条約4条Cの最先について - あやパパ
2014/03/14 (Fri) 05:57:17
優先権主張について教えてください。
①X国にて発明イ、ロについて出願A、②その後、Y国にて発明イ、ハについて出願B(優先権主張はしていない)
この状況においてですが、
Q1:Z国において、出願Bを基礎として、発明イについて出願Cをすることはできますか?できた場合には、イの優先日は②の出願日で宜しいでしょうか?
Q2:Z国において、出願ABを基礎として、発明イロハニについて出願Dをした時ですが、イロの出願日は①、ハの出願日は②、ニの出願日はDの出願日となり、Dの出願との間になされた事柄により不利な扱いを受けることはない、で正しいですか?

最先の出願という文言から、Q1が特に分からなくなりました。宜しくお願いします。


Re: パリ条約4条Cの最先について - 管理人
2014/03/18 (Tue) 12:12:25
Q1:できるとは思いますが、それをやるメリットがありません。なお、その場合、イの優先日は②の出願日となるでしょう。
Q2:正しいです。


【関連記事】
「累積的な優先権主張を伴う出願」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「短答用レジュメ2014年版(ver.2)提供開始」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : パリ条約4条Cの最先について 弁理士試験 条約

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事