弁理士試験-意22条2項 (2014.02.20)

意22条2項

意匠法22条2項 - 初学者
2014/02/14 (Fri) 00:19:49
意匠法22条2項の解釈についてです。
基本なのですが、こんがらがりました。

「本意匠の意匠権が第44条第4項の規定により消滅したとき、無効にすべき旨の審決が確定したとき、
又は放棄されたときは、当該本意匠に係る関連意匠の意匠権は、分離して移転することができない。」

「本意匠に係る関連意匠の意匠権は、分離して移転することができない。」

この文の意味は、

1.甲さんの意匠権A(本),B(関),C(関)があって、Aが消滅したら、B,Cを甲さんからは動かせない。

2.意匠権Aが消滅したあとは、Bを乙さんに、Cを丙さんにわけて譲渡することはできず、
B,Cを一括でなければ動かせない。

のどっちの意味なのでしょうか?
特に2の意味だとすると、
これが可能なら、年金不能で消滅した本意匠Aが44条の2(追完)で復活したとき、
本意匠Aの権利者は甲、関連意匠B,Cの権利者は乙になってしまいます。


Re: 意匠法22条2項 - 管理人
2014/02/14 (Fri) 12:17:27
2の意味でしょう。

なお、復活したときの話ですが、本意匠も移転したものとして職権で登録されてしまうような気がします。


【関連記事】
「意匠の移転請求について」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「短答用レジュメ2014年版(ver.2)提供開始」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 意22条2項 弁理士試験 意匠

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事