弁理士試験-前置審査での拒絶理由通知 (2013.10.01)

前置審査での拒絶理由通知

前置審査のフローチャートに関して - 受験生
2013/09/22 (Sun) 15:53:52
お世話になります。特許庁が公開している前置審査のフローチャートについて伺います。

出願人の補正が適法になされていない(17条の2第3,4,5,6のいずれかを満たさない)場合の話です。

フローチャートでは次に、補正前の出願に対してなされた拒絶査定の理由が妥当でなく、補正前の出願に対して他に拒絶理由があることを発見したときは長官に報告することが記されています。

この時になぜ、前置審査官が補正前の出願の中に見つかった拒絶理由を出願人に通知することができず、長官報告となってしまうのかが解りません。

164条2項に反するので前置審査官が補正却下が出来ないというのは理解できますが、拒絶理由を通知せずに長官報告となる理由を考え出すことが出来ません。

以上について、よろしくお願いいたします。


Re: 前置審査のフローチャートに関して - 管理人
2013/09/25 (Wed) 14:44:38
こちらの図3のフローについての質問だという前提でお答えします。
http://p.tl/UxS1

さて、私見ですが、補正が却下できないからだと思われます。
つまり、補正が却下できないため形式上は補正後のクレームに対して新たな拒絶理由が通知されることになりますが、それは実際には補正前のクレームに対する拒絶理由なので、両者の間に不整合が生じてしまうからだと思います。


Re: 前置審査のフローチャートに関して - 受験生
2013/09/25 (Wed) 23:02:11
回答頂き有難うございます。

「両者の間に不整合が生じてしまう」というのはどのようなことを言うのでしょうか?もうすこし具体的に説明頂けると大変、助かります。

以上について宜しくお願い致します。


Re: 前置審査のフローチャートに関して - 管理人
2013/10/01 (Tue) 11:47:34
補正前のクレームについての拒絶理由が、補正後のクレームに対して通知されるという不整合です。

【関連記事】
「前置審査での拒絶理由通知」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H25短答試験解説問45」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 前置審査での拒絶理由通知 弁理士試験 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事