弁理士試験-特46条の2第2項について (2013.08.16)

特46条の2第2項について

青本特46条の2の解説について - 太陽王
2013/08/14 (Wed) 22:37:19
「出願時遡及の効果は実用新案登録出願の願書に最初に添付した明細書等に記載した事項に対して与えられるものであり、実用新案登録出願の願書に最初に添付した明細書等に記載した事項の範囲内でない新規事項について出願時遡及の効果を与えてはならないことは、補正及び訂正の制限の趣旨からかんがみて当然である。」
とあります。
内容は納得なのですが、一方で46条の2第2項では

「前項の規定による特許出願は、その願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項が当該特許出願の基礎とされた実用新案登録の願書に添付した明細書、実用新案登録請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内にあるものに限り、その実用新案登録に係る実用新案登録出願の時にしたものとみなす」とあり、「最初に」添付した明細書等という限定がありません。

不適法な補正があって、特許出願の基礎とされた実用新案登録の願書に添付した明細書等が、願書に最初に添付した明細書等に記載した事項の範囲内にない場合に出願日を遡及させない根拠条文はどこになるのでしょうか?「当然である」と言われても、では根拠条文は?と思ってしまいます。

以上、よろしくお願いします。


Re: 青本特46条の2の解説について - 白服 URL
2013/08/14 (Wed) 23:18:13
こんにちは、白服です。

この点は、立法の不備と思われるかもしれませんが、私は仕方のないことと捉えています。

なぜなら、不適法な補正又は訂正が行われたことを考慮した規定をこの条文にわざわざ置くのは、不自然ですし、立法者にも酷だと思うからです。

実体審査があった頃であれば、審査で補正要件違反が見つけられますが、実体審査なき現在は、不適法な補正・訂正は無効理由として発見されるまでは安泰(?)なので、ちょっと、法に無理が生じてきている感もあります。

ここは、「補正及び訂正の制限の趣旨から鑑みて当然」と言ってお茶を濁しておくのが丁度よいと思います。(^_^;)

なお、余談ですが、2項は飽くまで、「実用新案『登録』の願書に添付した…」ということですので、補正又は訂正によって減縮して失われた部分について、特46条の2の出願によって復活させることはできません。


Re: 青本特46条の2の解説について - 管理人
2013/08/16 (Fri) 12:21:36
白服さん
回答へのご協力ありがとうございます。

さて、質問ですが、根拠条文は特46条の2第2項ではないかと思います。
正確には、同項の趣旨に基づき遡及しないという感じでしょうか。


【関連記事】
「特46条の2と拡大先願」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「夏休み」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特46条の2第2項について 弁理士試験 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事