弁理士試験-条文の構造について (2013.08.09)

条文の構造について

条文の構造について - 初級者
2013/08/05 (Mon) 00:45:02
条文を読んでいて、気になることがあります。主体のある条文と主体のない条文、時期的要件のある条文やない条文、できるとしなければならないtc。
なぜ、一つの書き方で書けないのでしょうか?
それとも、なにか共通のルールが法律内に潜んでいるのでしょうか?
なにしろ見ずらいですね。


Re: 条文の構造について - 管理人
2013/08/08 (Thu) 12:20:06
法律は改正が難しいので(時間がかかる)、改正がより容易な省令で主体等を定めることにより、時代の変化に適応させるためだと思います。

できるとしなければならないは、裁量か否かの違いですね。

なお、見づらい点には同意します。


【関連記事】
「条文の読み方」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「夏休み」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 条文の構造について 弁理士試験

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事