弁理士試験-意3条の2の出願人同一 (2013.05.10)

意3条の2の出願人同一

特許と意匠とでの出願人の意味 - 短答2年目
2013/05/10 (Fri) 06:26:51
幾つかの問題を解くうちに何がなんだが分からなくなり、すみません。

Q1:
出願が譲渡された後の出願人の定義を、
最初の出願の時の出願人(意匠)
譲渡された者(特許)
のように考えることで正しいのでしょうか?

私が誤解しているのかもしれませんが、問題を解いていて、以下のように取れる事例にぶつかったためです。変な問題ですが。

①甲が請求項イ、明細書イロにて特許出願A、②その後、特許出願Aを乙に譲渡、③その後、甲が請求項ロにて特許出願B、④その後特許出願Aが公開された。⑤この場合、出願Bの出願人(甲)と出願Aの出願人(乙)とは異なるため、甲の出願Bは29条の2にて乙のAにより拒絶され得る。

①甲が意匠イにて意匠登録出願A、②その後、意匠登録出願Aを乙に譲渡、③その後、甲がイに類似する意匠ロにて意匠登録出願B、④その後、意匠登録出願Aが登録され意匠広報に掲載された。⑤この場合、出願Bの出願人(甲)と、出願Aの出願人(甲)は同一のため、意匠法3条の2では拒絶されない。


Re: 特許と意匠とでの出願人の意味 - 管理人
2013/05/10 (Fri) 12:32:54
違います。
「出願人の同一」を判断する際に、どの時点の出願人で判断するのかが違うだけです。

すなわち、特29条の2においては、出願人が同一か否かの判断は、後願の出願時を基準に判断されます。
一方、意3条の2においては、出願人が同一か否かの判断は、査定の謄本又は拒絶の理由の通知書の送達時(査定時)を基準に判断されます。

なお、質問には「意匠イに類似する意匠ロ」とあるので、意3条の2の「意匠の一部と類似」に該当せず、そもそも意3条の2では拒絶されないと思われます。
また、問題の事例は、「登録後に出願Aに係る意匠権を乙に譲渡」ではなかったですか?

【関連記事】
「意3条の2の出願人同一」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「特許法127条」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 意3条の2の出願人同一 弁理士試験 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事