弁理士試験-特18条の2と特135条 (2013.05.03)

特18条の2と特135条

18条の2、と135条 - 短答2年目
2013/05/02 (Thu) 18:15:10
審判の請求で、”請求期間外に請求された時”には実際にはどうなるのでしょうか?
18条の2で長官が却下せず、135条の審判の合議体により審決却下される、ことで良いのでしょうか?補正が審判請求と同時にされて前置審査が行われ、その後で審判合議体が形成されて、そこで審決却下されるようなことはあり得ないと思うのですが。大きな勘違いをしていそうです。


Re: 18条の2、と135条 - 管理人
2013/05/03 (Fri) 23:22:15
特135条の審決却下でよいと思いますが・・・?
なお、補正も特18条の2で却下されるので、前置審査にはいかないと思います。


Re: 18条の2、と135条 - 短答2年目
2013/05/04 (Sat) 05:12:31
管理人様、返信すみません。何時ものことながら、言葉足らずで伝わらない。申し訳ありません。
①甲が拒絶査定不服審判請求を行った。②その後、特許庁長官のもとで方式審査が行われたが、拒絶査定から4ケ月経過しており、遠隔地や不責理由もなく、違法な手続きで補正不可であった。
この時、長官はどうするのですか?18条の2により、意見書の提出のもと却下するのですか?それとも審判の合議体を形成して、その審理に任せるのですか?
135条は過誤により18条の2が適用されなかったことなどを想定しているのでしょうか?


Re: 18条の2、と135条 - 管理人
2013/05/04 (Sat) 23:50:13
①甲が拒絶査定不服審判請求を行った。②その後、特許庁長官のもとで方式審査が行われたが、拒絶査定から4ケ月経過しており、遠隔地や不責理由もなく、違法な手続きで補正不可であった場合は、特135条の審決却下です。
実際に審判官が見ているのかどうかは不知です。

【関連記事】
「特133条の2と特135条」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「特許法127条」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特18条の2と特135条 弁理士試験 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事