弁理士試験-特134条の2第7項,8項について (2013.04.22)

特134条の2第7項,8項について

特許法134条の2第7項,8項について - ど素人
2013/04/20 (Sat) 15:39:02
毎度、お世話になります。以下、事例を踏まえて質問させて頂きます。

(事例)
甲は特許権者である乙に対して、特許無効審判を起こした。甲から請求された無効審判は請求項1,2,3に対してされていた。

乙は134条の2第2項に従って請求項1,2,3と無効審判請求されていない請求項4について訂正請求を行ったとする。

疑問点1. 乙が134条の2第7項により訂正請求を取り下げる場合、無効審判の対象となっている請求項1,2,3について取り下げればよく、請求項4については取り下げなくてもよいのでしょうか?

疑問点2. 甲が134条の2第8項により無効審判の審判事件に係る全ての請求を取り下げられた場合、無効審判の対象となっている請求項1,2,3のみならず請求項4も含めた全てについて取り下げないといけないのでしょうか?

以上について、よろしくお願い致します。


Re: 特許法134条の2第7項,8項について - 一覧性から判断
2013/04/20 (Sat) 21:47:04
審判便覧3章14節あたりに図解があると思いますので、ご参照下さい。

2は請求項4も含めてすべて取り下げ要です。


Re: 特許法134条の2第7項,8項について - 管理人
2013/04/21 (Sun) 05:32:52
一覧性から判断さん
回答への御協力ありがとうございます。

さて、質問のですが、特134条の2第7項に記載の通りです。
よって、疑点1については、請求項4についても取り下げます。

また、疑点2についても特134条の2第8項に記載の通りです。
よって、請求項4についても取り下げられたものとみなされます。

【関連記事】
「改正特134条の2第3項について」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「特許法127条」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特134条の2第7項 8項について 弁理士試験 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事