弁理士試験-H15問12枝3と枝5 (2013.04.16)

H15問12枝3と枝5

H15-12 枝3と枝5の違いについて(不正競争防止法) - 太陽王
2013/04/15 (Mon) 23:20:39
H15-12ですが
枝3
「甲の営業秘密につき、乙が公害の原因を公にするために、
甲の事業所に忍び込んでこれを入手し、それを丙に開示した。
丙が、その事実を知りながら、丁に開示する行為は不正競争と
ならない」

答えは×で、LECの過去問解説によりますと
「本枝の行為は、不正取得情報を入手したものが悪意で開示している
行為なので、不2条1項5号に該当する」

枝5
「甲がその保有する営業秘密を従業員乙に示したところ、
乙は、その営業秘密が公害の原因に関するものであったので、
公害を防止する目的で、これを新聞記者丙に開示した。
この場合には、乙の当該行為は不正競争とならない。」

答えは○で、LECの過去問解説によりますと
「公害を防止する目的は図利加害目的(不2条1項7号)とはいえない」
とのこと。


両枝のポイントがよくわかりません。
取得方法を問うているのでしょうか、それとも
開示の目的を問うているのでしょうか。

枝3も「公害の原因を公にするために」なので、
「図利加害目的とはいえない」といってもいいのではないでしょうか、
と思ってしまいます。また、そもそも公害の原因については
事業活動に有用な情報という「営業秘密」に該当しないのではないでしょうか、
と思います。

枝3/枝5の○×をわけるポイントについて、ご教示いただけないでしょうか。

以上、よろしくお願いします。


Re: H15-12 枝3と枝5の違いについて(不正競争防止法) - 管理人
2013/04/16 (Tue) 11:50:48
問題の読み方が違うだけだと思います。

枝3は「甲の(公害とは無関係な)営業秘密につき、乙が公害の原因を公にするために、甲の事業所に忍び込んで(そのついでに)これを入手し、それを丙に開示した。丙が、その事実を知りながら、丁に開示する行為は不正競争とならない」
と読むのだと思います。

不競と著作の問題は悪問が多いですよね。


Re: H15-12 枝3と枝5の違いについて(不正競争防止法) - 太陽王
2013/04/16 (Tue) 23:51:35
管理人様

いつもありがとうございます。

枝3は、取得した営業秘密は公害とは無関係だが、開示の目的が公害の原因を公にするため。
==>不正取得した営業秘密の開示にあたる
枝5は、営業秘密そのものが公害の原因に関するもの(これが営業秘密の定義に当てはまるものか微妙と思いますが)
==>保護されるべき営業秘密にあたらない

と理解しました。
…あとづけなら理解はできますが、また、どれかを選ぶ問題なら正解できそうな気もしますが、いくつあるか問題だった場合は悪問にあたったと思ってあきらめるしかないですね…。

【関連記事】
「不競21条6号」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「特許法127条」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : H15問12枝3と枝5 弁理士試験 不正競争

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事