弁理士試験-H24短答問2枝4 (2013.01.31)

H24短答問2枝4

平成24年短答試験 問2 - yutaro
2013/01/30 (Wed) 21:28:51
管理人様、お世話になっております。
またまた質問がございます。

「平成24年短答試験 問2」の選択肢に以下のものがあります。


外国語書面出願に関し、最後の拒絶理由通知において指定された期間内に特許請求の範囲について補正をする場合、
その補正が、

「誤訳の訂正を目的とするものであるときは、当該拒絶理由通知に係る拒絶の理由に示す事項についてするものに限られないが」、

「誤記の訂正を目的とするものであるときは、当該拒絶理由通知に係る拒絶の理由に示す事項についてするものに限られる」。


何かすごく簡単なことが分かってないのかもしれませんが、上記括弧内の2文のつながりがどうしてもわかりません。
同じ内容に関して「限られるが、限られない。」とはいったいどういうことなのでしょう?


Re: 平成24年短答試験 問2 - pat
2013/01/30 (Wed) 21:52:14
誤訳の訂正(17条の2第2項)と誤記の訂正(17条の2第5項3号)の違いです。
字が似ているので読み間違えではないですか?


Re: 平成24年短答試験 問2 - 管理人
2013/01/31 (Thu) 12:01:06
patさん
回答へのご協力ありがとうございます。

さて、私も同意見です。
読み違いではないですか?

こちら↓もご参照ください。
http://benrishikoza.web.fc2.com/kakomon/h24tanto/h24toi02.html

【関連記事】
「特17条の2第3項について」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「レジュメ要約集(国際私法)」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : H24短答問2枝4 特許 弁理士試験

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事