弁理士試験-特182条の2の準用について (2012.12.17)

特182条の2の準用について

特182条の2の準用について - 太陽王
2012/12/15 (Sat) 23:49:31
特182条の2(訴訟における合議体)の規定ですが、
実では47条第2項で準用されていますが、
意・商で準用されている箇所が見当たりません。
意・商の訴訟では合議体での審理とはならないのでしょうか。
それは、なぜでしょうか。
(技術的に難しい話にならないから???)

以上、よろしくお願いします。


Re: 特182条の2の準用について - 管理人
2012/12/17 (Mon) 14:38:26
青本に書いてある通りだと思います。
つまり、同条は、民訴269条の2及び310条の2が新設され東京高等裁判所において、特許権、実用新案権等に関する訴えについて、五人の裁判官による合議体で審理及び裁判をすることができることになったために設けられた規定であり、意匠・商標は、含められていないからです。

なお、青本には、特許権等に関する訴えが、その審理において極めて高度な専門技術的事項が問題となる等の理由が書いてあります。


【関連記事】
「特181条の決定の取消と裁判所」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特182条の2の準用について 弁理士試験 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事