弁理士試験-特127条について (2012.09.21)

特127条について

特許法127条について - BOND
2012/09/17 (Mon) 17:47:28
青本では、利害関係ある者の承諾を得なければならない理由として、「特許権者が誤解に基づいて不必要な訂正審判をする場合や、瑕疵の部分のみの訂正で十分であるのに、その範囲を超えて訂正することが考えられるため」であると説明しています。
ところで、中山先生の注解特許法には、「いかなる訂正をするかまで明確にした承諾は必要なく、ただ、訂正審判を請求することを承諾するという趣旨」であると記載されています。
青本と注解特許法には、矛盾はないのでしょうか。


Re: 特許法127条について - 管理人
2012/09/20 (Thu) 15:04:06
矛盾はないと思います。
訂正内容を明示した承諾までは要求されないとしても、訂正を承諾する専用実施権者等は、不必要な訂正審判であるか否か等を確認する機会を得ることができるわけです。
訂正内容が確認できない場合は承諾しなければいいだけです。

【関連記事】
「訂正請求と独立特許要件」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「パトラッシュ・・・だから無理だって」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特127条について 弁理士試験 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事