弁理士試験-共有に係る特許権と消尽 (2012.09.21)

共有に係る特許権と消尽

利用と共有 - 鈴の助
2012/09/15 (Sat) 14:16:11
甲会社はAという特許権を有していて、後願の乙はAを生産する方法Bの特許権を甲と共有していたとします。甲のライバル会社丙が乙から方法Bから製造したAを購入し、Aが組み込まれたCを販売した場合、甲は丙に対して権利行使できるのでしょうか。
以下の考えは正しいのでしょうか。
丙は乙からAを購入しているので乙が有する方法B及び物Aの特許は権利消尽しているように思えます。但し方法Bとその生産物Aは甲とも共有しているためややこしいです。さらに先願の甲の有する物Aを侵害しているようにも思えるのですが・・・。


Re: 利用と共有 - 管理人
2012/09/19 (Wed) 17:59:14
乙はAを製造する方法Bの特許権を持っているだけですので、乙が丙に製造方法Bで製造したAを販売しても、Aを製造する方法Bの特許権は消尽しません。
ましてや、甲の物Aについての特許権は消尽しません。


Re: 利用と共有 - 鈴の助
2012/09/19 (Wed) 19:16:06
丁寧な回答ありがとうございます。
LECの問題では「物を生産する方法の特許はその生産された「物」まで及び、その「物A」を販売したらその「物A」に関しての権利が消尽することから、「物を生産する方法」も一緒に消尽すると解すると解答にありました。よく理解できなかったのですが管理人様の考え方で考えてみます。ありがとうございました。


Re: 利用と共有 - 管理人
2012/09/20 (Thu) 17:52:13
念のため付言しますと、消尽しないのは方法BによりAを生産する行為に対してですので、方法Bにより生産された物Aについては消尽します。
また、甲が生産する物Aは他の方法により生産されているはずですので(でないと特許が取れない)、それについえては消尽しません。
なお、甲が方法Bにより物Aを生産している場合は、当該物Aに対しては消尽すると思われます。


Re: 利用と共有 - 管理人
2012/09/20 (Thu) 19:41:55
すみません。
自戒のために残しておきますが、上の説明は間違いです。

乙は甲の物Aにかかる特許発明を実施するための実施権を得ているはずなので、甲の物Aについての特許は消尽することになります。

甲の生産方法うんぬんの話はまったくのデタラメです。

【関連記事】
「消尽説」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法・・・いや休む」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 共有に係る特許権と消尽 弁理士試験 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事