FC2ブログ

弁理士試験-単なるカテゴリーの表現上の差異 (2012.07.27)

単なるカテゴリーの表現上の差異

単なるカテゴリーの表現上の差異 - 初学者
2012/07/26 (Thu) 11:04:13
たびたび申し訳ありません。特許法39条の審査基準において、同一判断において「単なるカテゴリー表現上の差異」とありますがこれがよく分かりません。よく、「物」と「方法」がこれにあたるといいますが、この2つは別物のように思え、単なるカテゴリー表現上の差異なので同じとの考え方にいたる理由がつかめていません。具体的にどういうケースが該当するのでしょうか。


Re: 単なるカテゴリーの表現上の差異 - 管理人
2012/07/26 (Thu) 12:13:43
プログラムのケースが分かりやすいですかね。
例えば、コンピュータに機能A、機能B、機能Cを実現させる方法という発明と、コンピュータに機能A、機能B、機能Cを実現させるためのプログラムという発明があった場合は、単なるカテゴリー表現上の差異なので同じであると判断されるでしょう。

後は、製造方法とその方法を使う製造装置とかも考えられます。


【宣伝】※キャンペーンの詳細は下のバナーから
タイムセール[7月13日~7月31日14:00]
伝統のロングセラー「一発合格シリーズ」に
スマホクラスも新登場!
今なら大幅プライスダウン。


【関連記事】
「プロダクト・バイ・プロセス・クレームは原則、該製法に限定解釈」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「意匠法第10条」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 単なるカテゴリーの表現上の差異 弁理士試験 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事