重大ニュース-米国特許法改正(概要) (2011.09.13)

米国特許法改正(概要)
【宣伝】
ドジ系受験女子の4コマ」と、「メイド弁理士の4コマ」を応援して下さい!


特許改革法案(リーヒ・スミス米国発明法案)上院本会議㭓再可決(JETRO)

知財業界の方は既にお聞き及びかと思いますが、
先願主義への変更を含んだ特許法改正案の成立が秒読みとなっています。
というわけで、改正内容を以下に簡単に紹介します。

①先願主義
 改正法では世界公知・公用の場合も先行技術となる予定です。
②先使用権
 ビジネス方法に関する特許以外にも先使用権が認められます。
③特許付与後異議申立制度
 特許発行の日から9月以内に異議申し立てができるようになります。
④当事者系レビュー
 特許付与後9月以降は、特許審判部へレビューの申し立てができるようになります。
⑤第三者による情報提供
 係属中の特許出願について、第三者による情報提供が認められます。
⑥手数料の増額
 施行日(オバマさんがサインした日?)の10日後から15%の追加手数料が科せられます。
 直近で一番影響がある改正です。
⑦補充審査制度
 特許権者は、自己の特許に影響を与える情報をUSPTOに提供し補充審査が受けられるようになります。
⑧納税義務回避等の戦略の除外
 納税義務回避等の戦略は、特許対象から除外されます・・・?
⑨ベストモード開示要件
 特許訴訟の非特許権者の抗弁から、ベストモード開示要件が除外されます。


【関連記事】
「平成23年度特許法等改正説明会の開催について」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「H23短答試験問21」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

tag : 米国特許法改正(概要) 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事