ニュース-そんな知財部で大丈夫か? (2011.08.26)

そんな知財部で大丈夫か?
【宣伝】
ドジ系受験女子の4コマ」と、「メイド弁理士の4コマ」を応援して下さい!

実はお笑い草だった「特許料収入500憶円」(JBPRESS)

この記事の結論部分を簡単に説明すると、
①「日本メーカーは、DRAMから撤退する際に韓国、台湾メーカーを提訴すべきだったが、特許部半導体出身の出来の悪い幹部の椅子を確保し、さらに昇格するための重要な後ろ盾(ライセンス収入)を守るために提訴しなかった。」
②「韓国や台湾から取っていたロイヤルティは、売り上げの1%にも満たない少額であった(普通は3~5%)。」
という結果、
『ロイヤルティ収入が500憶円あろうとも、それは全くのお笑い草(失態?)だった』
というものだ。

・・・某企業の実情は知らないので何とも言えないが、
これは、業界でも指折りの知財部の惨状を暴いているのか?

とりあえず、いくつか疑問に感じたことだけ述べると、
①「ライセンスしているにも関わらず、提訴するというのはどういう意味か?」
 ↑(ライセンス契約の更新時の話ではないかと御指摘をうけました。それなら納得。)
②「仮に提訴できるとしても、多額の賠償金を得られる基本特許(質の高い特許)をもっていたのか?」
という感じか。

それは置いておいて、
「戦略」という観点からすると、
面白い記事であるように思った。

少なくとも、某企業は、
「もっと高いライセンス料率を得られるような特許」
を持っていたようだ。

これが正しいならば、
より高いライセンス料率を設定し、
競争優位の地位を築いたり、
もしくは、ライセンスをせずに、
特許を参入障壁とするような戦略もあり得たわけだ。

後から評価しても仕方がないわけであるが、
これらの戦略を採っていれば、
日本半導体は負けずに済んだのだろうか?

・・・そんなに簡単な話なわけないか。

【関連記事】
「大手メーカーの特許戦略はぬる過ぎる?」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

tag : そんな知財部で大丈夫か? 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事