弁理士試験-外国語書面出願と特29条の2 (2011.08.11)

外国語書面出願と特29条の2
【宣伝】
ドジ系受験女子の4コマ」と、「メイド弁理士の4コマ」を応援して下さい!

外国語書面出願と29条の2について - obama
2011/08/08 (Mon) 09:07:49
甲が外国語書面出願(外出願Aとする)を基礎の出願として41条の国内優先権主張をして出願した(特出願B)場合について質問です。
仮に外出願Aと特出願Bの間に第三者乙が外書面と同一内容の特出願Cを行い、さらに1年2ヶ月以内に甲が外出願Aの訳文を提出しないとどうなるのでしょうか。特出願Bの出願公開の際(外出願Aから1年6月後)に外書面出願Aも公開とみなし29条の3により乙の特出願Cは拒絶されるのでしょうか。またそうでないとしたら何により特出願Cは拒絶されるのでしょうか、若しくは拒絶されないのでしょうか?さらに1年2ヶ月後に外出願Aは取下擬制された場合、特出C にした優先権主張も消滅するのでしょうか。


Re: 外国語書面出願と29条の2について - 管理人
2011/08/09 (Tue) 14:45:29
以下、ご質問に回答します。

①特出願Bの出願公開の際(外出願Aから1年6月後)に外書面出願Aも公開とみなし29条の3により乙の特出願Cは拒絶されるのでしょうか。?
→特出願Bの公開をもって、外出願Aが特41条3項により公開擬制されて拡大先願の地位(特29条の2)が発生するので、特出願Cは拒絶されます。
ただし、特出願Bの明細書等に特出願C(外出願A)の内容が記載されていない場合は異なります。

②1年2ヶ月後に外出願Aは取下擬制された場合、特出Cにした優先権主張も消滅するのでしょうか?
→国内優先権主張を伴う出願がなされた場合、その後に基礎出願が取下等されても、優先権主張に影響はありません。
よって、外出願Aは取下擬制された場合であっても、特出願Cの優先権主張は効力を失いません。

【関連記事】
「外国語書面出願の分割」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「延長登録拒絶審決取消請求事件」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 外国語書面出願と特29条の2

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事