弁理士試験-部分意匠の効力 (2011.06.30)

部分意匠の効力
【宣伝】
ドジ系受験女子の4コマ」と、「メイド弁理士の4コマ」を応援して下さい!

部分意匠の効力 - ドサ健
2011/06/27 (Mon) 17:14:34
部分意匠の効力についてお聞きしたいことがあります。
よろしくお願いします。

以下の事例を想定します。

(1)
先願意匠権者甲
自転車のハンドルの部分意匠(意匠に係る物品:自転車)

(2)
後願意匠権者乙
自転車の全体意匠(意匠に係る物品:自転車→甲のハンドル含む)

この場合、
23条侵害で決着がつくので(部分意匠の4要件)、
26条侵害まで持ち出す必要はないのではないか、
と考えています。

しかし、H18年意匠法の問題では、
設問(2)①において、
どこの予備校の解答をみても、26条侵害まで記載されています。

「γは、ハと利用関係が成立する」となっています。

この場合、
(A)形式侵害(23)、かつ利用侵害(26)
と考えればよいのでしょうか、

それとも、
(B)原則形式侵害(23)、但、部分意匠の4要件によっては形式侵害(23)に該当しない場合がある。その場合に利用侵害(26)
と考えればよいのでしょうか、

何卒よろしくお願いいたします。


Re: 部分意匠の効力 - ポケット
2011/06/27 (Mon) 17:23:21
意匠権者は、自己の意匠権の範囲で適法に実施できますので(意23条)、自己の意匠権に係る自転車を実施しても他の意匠権の侵害とは形式的になりません。

しかし、部分意匠(部品の意匠も)と全体意匠は、9条の対象としないことにしておりますので、意匠権発生後に実質的に権利の錯綜が生じる場合があるため、26条の調整規定を設けて先願権利者の優先を規定しています。

よって、本問では、乙は自己の意匠権の自転車を実施する際には甲の許諾が必要であり、それが無いならば、利用侵害(意26条1項)が成立します。

なお、乙が意匠権者で無ければ、投稿者様のおっしゃるように、意23条侵害となります。

【関連記事】
「部分意匠 利用」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 部分意匠の効力 弁理士試験 意匠

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事