弁理士試験-意3条の2における抵触 (2011.05.07)

意3条の2における抵触
【宣伝】
ドジ系受験女子の4コマ」と、「メイド弁理士の4コマ」を応援して下さい!

無題 - ポン太
2011/05/03 (Tue) 23:25:46
意匠法3条の2の但書括弧における、意匠公報に秘密期間経過後の意匠公報を含まない理由付けで、「他人の出願意匠や公知意匠との間で権利関係が抵触する蓋然性が高まる」とは、どういう意味なのでしょうか?


Re: 無題 - 管理人
2011/05/07 (Sat) 20:11:14
青本に記載されている通りです。
すなわち、意3条の2の意匠公報を秘密期間経過後の意匠公報と解釈すると、秘密の期間は最長三年であるため、出願人は長期間にわたって後日出願が可能となります。
そのため、長期にわたって先願の一部の意匠について意匠登録を受けることができます。

この期間が長ければ長いほど、その間に他人が創作した意匠が出願されたり公知となったりする可能然性が高くなります。
すると、当該意匠と後願意匠(先願の一部の意匠)との間で権利関係が抵触する蓋然性が高まることが懸念されます。

【関連記事】
「意3条の2と秘密意匠」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 弁理士試験-意3条の2における抵触 弁理士試験 意匠

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事