弁理士試験-プログラムの著作物と工業製品 (2011.02.27)

プログラムの著作物と工業製品
【宣伝】
ドジ系受験女子の4コマ」と、「メイド弁理士の4コマ」を応援して下さい!

著作権法でのプログラムの保護 - TDN
2011/02/26 (Sat) 11:35:25
質問です。
著作物とは、・・・文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう(著2条1項)。
とあり、工業製品は除かれることになっております。
たとえば、一太郎等のソフトは、著作権で保護されていると考えられます。
すると、一太郎等のソフトは、工業製品ではないと考えないといけないのでしょうか?
何かおかしいような気がします。


Re: 著作権法でのプログラムの保護 - 管理人
2011/02/27 (Sun) 00:11:56
まず、工業製品とは、一般に原料を加工して大量製造された製品等を言います。

ここで、一太郎等のソフトはブログラムであり、上記工業製品には該当しません。
特に、ダウンロード販売の場面を考えればよく分かると思います。

CD-ROMに複製されたプログラムを考えると、一見工業製品に該当するように思われますが、保護対象はプログラムであり、CD-ROMではないことに留意すればよいでしょう。


Re: 著作権法でのプログラムの保護 - TDN
2011/02/27 (Sun) 08:35:01
管理人様、回答ありがとうございます。
多少合点が行かない点がありますので、確認させてください。

確かに、一太郎等のソフトはプログラムです。それは納得出来るのです。
ただ、ダウンロード販売であろうと、CD-ROM販売であろうと、流通過程に乗ってしまったプログラムは、それ自体が工業製品だと思われるのです。
原料(プログラム言語等)を加工して大量生産(複製)された製品と考えることもできると思います。

たとえば、陶芸家が一品製作した陶器は著作物であっても、それを模して大量生産されたものは、工業製品であり、もはや著作物ではありません。
この場合の陶器と一太郎とは、何が違うのでしょうか?

回答いただければ幸いです。


Re: 著作権法でのプログラムの保護 - 管理人
2011/02/27 (Sun) 12:19:08
今後の技術発展等によって変わる可能性もありますが、著作権について議論する場合、工業製品の原料は有体物であると考えて良いと思います。

ただ、装置でプログラムを自動作成した場合であって、人間の創作活動が関与しないで作成されたプログラムは、著作物とはならないと思います。

また、美術品については、美術工芸品も含まれるので(著2条2項)留意して下さい。

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : プログラムの著作物と工業製品

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事