弁理士試験-無効審決確定後の訂正可否 (2011.01.27)

無効審決確定後の訂正可否
【宣伝】
ドジ系受験女子の4コマ」と、「メイド弁理士の4コマ」を応援して下さい!

無効とは? - 初心者
2011/01/20 (Thu) 16:12:17
簡単な質問で申し訳ありません。実用新案法14条の2第8項に、「第一項及び前項の訂正は、実用新案権の消滅後においても、することができる。ただし、実用新案登録無効審判により無効にされた後は、この限りでない。」とあります。無効審決確定後、再審により回復されることも考えられますが、短答で「無効になった後は訂正が可能か?」と問われた場合、どのように考えればよいのでしょうか。


Re: 無効とは? - ポン太
2011/01/21 (Fri) 22:44:28
短答なら条文通り「訂正不可能」でいいと思いますよ。

とりあえず管理人様の解答を待ちます。


Re: 無効とは? - 管理人
2011/01/27 (Thu) 12:08:24
ポン太さん
回答へのご協力ありがとうございます。

既にご回答にあるように、原則は「訂正不可能」で良いです。
ただし、「無効になった後は訂正できる場合はない。」の○×問題の場合は注意が必要です。
この場合は、他の枝との関係を見て頂き、他に正答が無い場合は「訂正可能」という回答もあり得ます。

【関連記事】
「実用新案法上の訂正と中断」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法77条3-7項」です。



↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 無効審決確定後の訂正可否 弁理士試験 実用新案

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事