ニュース-米国:情報開示義務は発明者でない上司にまで及ぶ (2010.06.14)

米国:情報開示義務は発明者でない上司にまで及ぶ

情報開示義務は発明者でない上司にまで及ぶ(河野特許事務所)

河野特許事務所の判例紹介です。
実務家にとっては、
当たり前と言えば、当たり前かも。

米国特許出願手続においては、
発明者等が特許性に影響を与える先行技術を知っている場合、
PTOに提示しなければならない(いわゆるIDS)。
これに違反した場合、
特許権の権利行使が不可能となる。

本事件では、
代表者が「特許出願及び審査に実質的に関与」した者か否かが問題でした。
この点、CAFCは、
代表者を「実質的に関与」した者と推定し、
特許権行使不能と判断した地裁の判決を維持したそうです。

なお、CAFCは、『「実質的に関与」したとは、関与が、出願の内容に関連し、または、出願・手続を遂行する際の意思決定に関連し、その関与が全体として管理上・事務的なものではないことを意味する』と判示したすおです。

【関連記事】
米国で虚偽特許マーキング訴訟が急増

本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「H22短答試験問い12」です。


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
 弁理士ブログランキング
  
 ブログ王ランキング


↓弁理士試験ならLECオンライン↓  Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

tag : 米国:情報開示義務は発明者でない上司にまで及ぶ 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事