弁理士試験-通常実施権の共有 (2010.05.02)

通常実施権の共有

無題 - るいた
2010/04/29 (Thu) 23:42:52
こんばんわ
基本的なところなんですが疑問が出てきたので質問させてください。

///////////////////////////////////////////
 通常実地権が共有に係る場合は、各共有者は自由に実地できない。即ち、各共有者の同意を得なければ実地できない。
(94条6項で73条2項不準用)
///////////////////////////////////////////

この解釈は正しいでしょうか?
ちなみに専用実地権は77条5項で73条準用しています。
尚、青本には73条2項は権利が共有に係る場合は原則として各共有者は民法の原則にしたがって自由に実地できるが、73条1項の規定に引きずられて、自由に実地できないと解釈される恐れがあるため確認的に設けられたと記載されています。だとすれば、不準用であるからといって同意を得なければ実地できないと解釈してよいのかどうか疑問が生じます。
ソースはLECのBASIC第7版P226に上記同じ内容の事が書いてあります。
 


Re: 無題 - 管理人
2010/05/01 (Sat) 21:52:20
結論を言うと、分かりません。
しかし、同意を得るべき理由が不明ですので、私は同意不要だと考えています。
また、特73条2項不準用の理由は、通常実施権について、共有に係る際の実施に関して同意を要する旨の「契約での別段の定め」をすることができないことにある(産業財産権登録の実務第5版382頁)と思われます。

【関連記事】
本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「お休み」です。


管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
 弁理士ブログランキング
  
 ブログ王ランキング


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 通常実施権の共有 弁理士試験 特許

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事