短答用レジュメ2017年版の誤記について (2017.05.01)

短答用レジュメ2017年版に下記の誤りが発見されましたので連絡させて頂きます。
ご購入者様には大変申し訳ございませんが、修正をお願い致します。
ご迷惑おかけ致しますことを深くお詫び致します。

なお、必要な方には修正後のレジュメを再送させて頂きます。
誠に恐縮ですが、ご希望される方はbenrishikoza@gmail.comまでご連絡下さい。

5/1 追記 特34条の5における
「仮専用実施権をその後に取得した者」
との記載は、誤りです。
正しくは、
「仮専用実施権を取得した者」
となります。

意2条の条文見出しにおける
「定義」
との記載は、誤りです。
正しくは、
「定義等」
となります。

また、意46条1項3,4号の内容が入れ替わっておりました。
意46条1項3号の
「三 その商標登録がその商標登録出願により生じた権利を承継しない者の商標登録出願に対してされたとき。」
との記載は、誤りです。
正しくは、
「三 その商標登録が第五条第五項に規定する要件を満たしていない商標登録出願に対してされたこと。」
となります。
そして、意46条1項4号の
「三 その商標登録が第五条第五項に規定する要件を満たしていない商標登録出願に対してされたこと。」
との記載は、誤りです。
正しくは、
「四 その商標登録がその商標登録出願により生じた権利を承継しない者の商標登録出願に対してされたとき。」
となります。



独学の弁理士講座管理人

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

弁理士試験-訂正の請求の理由の補正可能期間 (2017.05.01)

訂正の請求の理由の補正可能期間

H14-49-4、訂正請求の理由の補正について - Lets'Go!
2017/04/11 (Tue) 22:12:12
1.古い過去問ですが、
「特許無効審判において訂正請求をした特許権者は、当該事件が特許庁に係属している限り、いつでも当該訂正請求書における請求の理由について補正をすることができる。ただし、出願は、外国語書面出願でも国際出願でもないものとする。」で、答えは「〇」です。
ここで、訂正請求できるときは限られていて、5つの場合しかないですが、
補正できる時は「無効審判が終結するまで(157条①項で審決終了する庁に係属している限り)できる」
つまり、ここで、事件とは、「審判事件」という意味でしょうか?
「訂正請求」は事件ではないのでしょうか?
「何が事件か?」に関しての根拠や定義はどこかにあるのでしょうか?


Re: H14-49-4、訂正請求の理由の補正について - 管理人
2017/04/12 (Wed) 14:50:01
特17条1項により、訂正請求事件が特許庁に係属している限り補正できます。
なお、訂正請求が特許庁に係属している間とは、つまりは無効審判の審決送達までということになります。

なお、事件は法律用語で、手続と同義です。
https://www.bengo4.com/c_1009/d_308/


Re: H14-49-4、訂正請求の理由の補正について - Lets'Go!
2017/04/12 (Wed) 16:22:29
回答ありがとうございました。という事は、
「無効審判請求事件があり、その中に、訂正請求事件があ
るという、親亀子亀(重箱)構造で、ここでは、「訂正請求事件」の係属をいう」
と理解しました。


【関連記事】
「審判請求書の補正」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「受験機関を選ぼう」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事