弁理士試験-特164条2項の補正却下 (2017.02.20)

特164条2項の補正却下

特164条2項の補正却下について - 超初心者
2017/02/12 (Sun) 15:38:29
審判請求時の補正が17条の2第3項から6項までの規定に違反する時は、準用する53条1項の規定により補正却下されるという認識ですが、164条では、特許査定をする場合を除き、補正却下してはならないとされています。164条2項の規定は審判請求と同時の補正は除かれているのでしょうか。基礎的な質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。


Re: 特164条2項の補正却下について - 管理人
2017/02/13 (Mon) 12:24:31
除かれていません。
つまり、審判請求時に補正があると、前置審査に移行します。
このとき、「審査官」は、特許査定をする場合を除き、補正却下できません(特164条2項)。
そして、審判に移行した後で、「審判官」が補正却下することになります(特159条1項で準用する特53条1項)。


【関連記事】
「審判での補正却下に対する不服申し立て」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「受験機関を選ぼう」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事