FC2ブログ

弁理士試験-特164条2項の補正却下 (2017.02.20)

特164条2項の補正却下

特164条2項の補正却下について - 超初心者
2017/02/12 (Sun) 15:38:29
審判請求時の補正が17条の2第3項から6項までの規定に違反する時は、準用する53条1項の規定により補正却下されるという認識ですが、164条では、特許査定をする場合を除き、補正却下してはならないとされています。164条2項の規定は審判請求と同時の補正は除かれているのでしょうか。基礎的な質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。


Re: 特164条2項の補正却下について - 管理人
2017/02/13 (Mon) 12:24:31
除かれていません。
つまり、審判請求時に補正があると、前置審査に移行します。
このとき、「審査官」は、特許査定をする場合を除き、補正却下できません(特164条2項)。
そして、審判に移行した後で、「審判官」が補正却下することになります(特159条1項で準用する特53条1項)。


【関連記事】
「審判での補正却下に対する不服申し立て」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「受験機関を選ぼう」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

ニュース-『楽しく学べる「知財」入門』販売中 (2017.02.17)

『楽しく学べる「知財」入門』販売中

実は曖昧な「パクリと模倣の境界線」 知的財産権について解説(livedoor NEWS)

『すばらしき特殊特許の世界』で有名な、稲森健市(稲穂健市)氏の、『楽しく学べる「知財」入門』が販売中です。

今週末には購入してレビューしますが、
待望の新作と言うことでわくわくしています。

それにしても、2/15発売で、よくPPAPのネタを突っ込めましたね。
やっぱりスゴイ!

早速読ませて頂きました。
従来の作風を踏襲して、初心者でも飽きないテーマ(PPAPとか東京五輪エンブレム)で知財を解説している点、
特に一般人にかかわりが多い模倣の観点からの解説は中々に面白かったです。
知財初心者にはお勧めの一冊ですね。

強いて気になる点を挙げれば、著作権、特にファービーの項目では「応用美術」、特に「TRIPP TRAPP事件」に触れて欲しかったです。
知財高裁の判決であり、「高い創作性の有無の判断基準を、応用美術に一律に適用するのは相当ではない」旨を判示している点で注目されています。
私も同判決を支持しており、現在話題の「マリオカート(マリカー)」問題にも関連すると思います。

 

【関連記事】
「PPAP騒動で見た一見正しそうな話」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「受験機関を選ぼう」です。



テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

珍しい知財判決集 平成27年 (2017.02.16)

引っ越しました

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事