FC2ブログ

弁理士試験-意29条の2の「同一」 (2016.10.18)

意29条の2の「同一」

後願の意匠を実施? - 意匠法29条の2
2016/10/15 (Sat) 13:34:34
管理人様
口述対策で29条の2を暗唱していて、こんがらがってしまいました。意匠法29条の2については、質問を過去にも何度も何度もしていて恐縮なのですが、どうかお付き合いお願いします。あと、1週間しかないのにこんな質問をするとは・・・

29条の2から後願の意匠そのもについて抜き出すと、

29条の2柱書
意登録出願に係る意匠を知らないで、
自らその意匠の創作をし、
意匠の設定の登録の際現にその意匠の事業をしているものは、
実施している意匠について事業の目的の範囲において
後願の意匠権について通常実施権を有する。
同条第1号
その意匠登録出願の日前に、自らその意匠について意匠登録出願をし、意匠の実施をしている。
同条第2号
自らがした意匠登録出願の拒絶査定または審決が確定している。

となります。

これをそのまま読みますと、

後願と自己が出願した意匠とが同一で
その同一の意匠を実施していて
自己の出願の拒絶査定審決が確定していて
後願が登録査定されている

ように見えます。

これは、後願が過誤登録された場合を想定しているのでしょうか?

口述直前に焦っています。どうかよろしくお願い致します。


Re: 後願の意匠を実施? - 管理人
2016/10/17 (Mon) 12:31:18
意29条の2を解読すると、
「①(他人の)意匠登録出願Aに係る意匠Aを知らないで、
②自らその(意匠Aと同一の)意匠B若しくはこれ(意匠A)に類似する意匠Bの創作をし、又は意匠登録出願Aに係る意匠Aを知らないでその(意匠Aと同一の)意匠B若しくはこれ(意匠A)に類似する意匠Bの創作をした者から知得して、
③(意匠登録出願Aに係る)意匠権の設定の登録の際現に日本国内においてその(意匠Aと同一の)意匠B又はこれ(意匠A)に類似する意匠Bの実施である事業をしている者、又はその事業の準備をしている者(前条に該当する者を除く。)は、
④次の各号のいずれにも該当する場合に限り、その実施又は準備をしている意匠及び事業の目的の範囲内において、その意匠登録出願Aに係る意匠権について通常実施権を有する。

1 その意匠登録出願Aの日前に、自らその(意匠Aと同一の)意匠B又はこれ(意匠A)に類似する意匠Bについて意匠登録出願Bをし、当該意匠登録出願Bに係る意匠Bの実施である事業をしている者又はその事業の準備をしている者であること。

2 前号の自らした意匠登録出願Bについて、その意匠登録出願Bに係る意匠Bが第三条第一項各号の一に該当し、拒絶をすべき旨の査定又は審決が確定した者であること。」
です。

ご質問の同一の場合は、やはり過誤登録ですかね。
なお、拒絶確定した出願Bに係る意匠Bと類似の後願意匠Aは登録される場合があります。
この場合に、先願Bに係る意匠Bの実施が制限されないように、通常実施権を認めています。
また、同一の場合では、無効審判によって後願意匠Aを無効にしなくとも通常実施権が認められるというメリットがあります。


Re: 後願の意匠を実施? - あやパパ
2016/10/17 (Mon) 21:42:56
管理人様

返信ありがとうございます。やはりそうでしたか。
メリットの件も口述で役に立ちそうですね。

ありがとうございます。本当にお世話になります。


Re: 後願の意匠を実施? - 管理人
2016/10/18 (Tue) 11:39:37
一応念のため。
口述では言い過ぎないように注意してください。
メリットが聞かれなければ、言わない方がよいです。


【関連記事】
「意29条の2第1号の読み方」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H28年短答試験意匠問8」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

弁理士試験-補正と訂正の違い (2016.10.17)

補正と訂正の違い

補正と訂正とについて - あやパパ
2016/10/06 (Thu) 07:52:22
基本的なことを理解できておらず恥ずかしいのですが、宜しくお願いします。

補正と訂正との関係について教えてください。

17条の5で、訂正した明請図の補正が出てきます。
134条の2で、訂正の請求が出てきます。
また、
134条の2第6項で、続けて訂正請求をした場合には前の訂正請求は取り下げられたものとみなすとされています。
そして、134条の2第7項では、17条の5第2項の補正可能期間に限り訂正の請求を取り下げることが出来る

とされています。

以前にも質問したように思うのですが、Word検索でうまくヒットしません。また、訂正と補正とのANDではいくつかの質問と回答とがあるのですが、皆さん補正と訂正との違いを理解した上での質問で、どうも・・・

すみません、

補正と訂正との関係

について教えてください。

訂正に補正をしたら、それは再度訂正したのと同じように思えます。が、訂正を再度したのでは前の訂正とは関係なくなるのに対して、補正ならそれまでの訂正が生きる、ということなのか、とかゴチャゴチャと考えています。
無効審判では訂正の請求はあっても補正の請求はありませんから、補正はあくまで”訂正の請求で行った訂正の補正”という意味なのだろうかとかゴチャゴチャと考えています。

今頃に何を言っているのかと、我ながら本当に恥ずかしいのですが・・・

宜しくお願いします。


Re: 補正と訂正とについて - 管理人
2016/10/12 (Wed) 12:28:56
手続きの対象物が異なるだけです。
つまり、特17条の5では、訂正の請求書に添付した訂正した明細書等が、特134条の2では願書に添付した明細書等が対象です。

確かに、再訂正しても特134条の2第6項によって、先にした訂正の請求があるときは、それが取り下げられたものとみなされるので、効果は同じでしょう。
ただし、補正ならば手数料が不要になるという大きなメリットがあります。

【関連記事】
「訂正時の補正と訂正要件不備」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H28年短答試験意匠問7」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

弁理士試験-口述試験の出題済み問題を見るサイト (2016.10.13)

口述試験の出題済み問題を見るサイト

口述試験で前日に出た問題 - あやパパ
2016/10/06 (Thu) 08:46:05
口述試験は数日に分かれていますが、
2日目受験の場合、1日目に出た問題について
知り得た場合には、そこを飛ばせるので
非常にありがたいと思います。

1日目などの問題を拾える
何か手段はあるのでしょうか?
管理人様のところではどうなのですか?


Re: 口述試験で前日に出た問題 - 管理人
2016/10/06 (Thu) 12:28:18
残念ですが、弊サイトでは難しいですね。
ですが、問題を拾う情報源としては、吉田ゼミがお勧めです。
去年も情報を公開していました。
http://blog.goo.ne.jp/yoshidazemi/c/4751250f9971a0fecc4f3fa1f782012f


Re: 口述試験で前日に出た問題 - あやパパ
2016/10/06 (Thu) 14:42:31
管理人様
情報、どうもありがとうございます。


【関連記事】
「弁理士試験の口述試験」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H28年短答試験意匠問5」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事