FC2ブログ

弁理士試験-H28意匠問10 (2016.07.22)

H28意匠問10

H28短答意匠10番の枝2と4 - あやパパ
2016/06/29 (Wed) 21:10:49
今年の短答の意匠の10番の枝2,4のどちらが間違っているかでL予備校で意見が割れたそうです。

枝2:意匠法第2条第2項に規定する物品の操作のように供される画像の意匠権者は、その画像による操作がその意匠登録出願前の出願にかかる他人の「プログラム」に係る特許発明によってのみ実現されるとき、その操作画像に係る意匠を業として実施することは出来ない。

私の解釈 正しい
意匠権を有していてもそのプログラムを使っている以上、特許発明を業として実施しており、侵害している。画像を表示しようとすると必ずプログラムを使わざるをえず、逆はないので、利用関係とも言える。

枝4:物品「電気炊飯器」に係る意匠の意匠権者は、その実施品である電気炊飯器に組み込まれた制御回路が意匠登録出願前の出願に係る他人の特許発明を利用するものであるとき、その登録意匠の実施をするための通常実施権の許諾について、一定の条件の下、特許庁長官に対して裁定を請求することが出来る。

私の見解 間違い
意匠とは関係のない、外からは見えない制御回路が、他人の特許発明を利用している。技術と技術との関係であって、意匠とは関係がない。つまり、意匠としての利用関係はなくて、発明を実施しており、侵害にあたる。意匠権は関係がないので、裁定の請求は出来ない。
ここで、少し問題かなと思うのは、問題文の”一定の条件の下”の一定の条件とは何かでしょうか。もし、炊飯器がスケルトンの炊飯器で、電気炊飯器に組み込まれた制御回路が視覚を通して美感に訴えるものであって、”他人の特許発明”が回路のデザイン的にも美しさを伴うものであるような場合には、もしかすると利用の裁定が得られるのだろうか?とか考えました。L予備校の講師がどう考えたのかは不明です。

管理人様はどう思われますか?

L予備校によると、このような問題が出たこともあり、今年の論文試験では利用か抵触が出る可能性が高いとのことでした。


Re: H28短答意匠10番の枝2と4 - 管理人
2016/06/30 (Thu) 12:17:59
枝2はいわゆる実施上の利用(後願発明を実施する上において先願発明を実施しなければならない関係)ですね。
これは利用に含まれると介されるので、答えは「正しい」になります。

枝4の答えは「誤り」ですが、制御回路が専用品でないので実施上の利用に該当しないということだと思います。
確かに、世の中にはスケルトンの炊飯器も存在しますし、その場合に回路設計の技術的な観点から特許が、美観的観点から意匠が生じることはあると思いますが・・・他の枝との比較ですね。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20090518/1026318/12_px221.jpg

なお、「一定の条件」は、協議を求めたが、これが成立せず又はすることができないという条件のことでしょう。


【関連記事】
「全体意匠と部分意匠の利用」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H28年短答試験問13」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

重大ニュース-ノンアルビール訴訟でサントリーとアサヒビールが和解 (2016.07.21)

ノンアルビール訴訟でサントリーとアサヒビールが和解

サントリー・アサヒの和解促した需要減 ノンアルビール訴訟 (日経電子版)
サントリーvsアサヒのノンアルビール訴訟が和解成立 両社とも商品の製造・販売継続 知財高裁 「オールフリー」と「ドライゼロ」(BIGLOBEニュース)
特許侵害訴訟の和解成立に関するお知らせ(アサヒビール株式会社)

ノンアルコールビールに関する特許権者であるサントリーが、アサヒビールの「ドライゼロ」の製造販売差し止めを求めた訴訟において、和解が成立したそうです。

報道によると、サントリーが控訴を取り下げ、アサヒビールは特許無効審判を取り下げるという内容で、和解金の支払い等は無いようです。
近年、飲食物の製造メーカ同士の特許訴訟が散見されますが、早期和解が目に付くような気がします。
地裁判決(平成27年(ワ)第1025号)では、特許権の無効が認定されていたので、このタイミングでの和解は気になります。

無効審判では、アサヒビール側が苦戦した(特許が有効になるような訂正が行われる可能性があった)のかもしれません。
単純に、サントリー側が訴訟継続の意思を失い、アサヒビール側はそれに乗っかっただけかもしれませんが。

機能性食品の特許が解禁されたこともあり、今後はこの手の訴訟が増えていく気がします。


【関連記事】
「日清食品がサンヨー食品を提訴」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H28年短答試験特実問14」です。


テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

弁理士試験-利用と抵触の書き方 (2016.07.21)

利用と抵触の書き方

利用と抵触 - あやパパ
2016/06/29 (Wed) 06:28:59
超基本でお恥ずかしいのですが、Word検索はしたのですが、うまくヒットしません。筆記試験講座の意匠法26条などを見たのですが記述を見つけられませんでした。すみません。

ある予備校のテキストで
利用とは
一方の権利客体を実施すると他方の権利客体の全てを実施することになり、逆が成り立たない一方的関係
という記述がありました。
間違っていると思うのですが、どうでしょうか

権利は関係なく、権利と書くと0点だとも聞いています。優先権主張で”遡及”と書くと0点のように。26条では、”他人の登録意匠あるいはこれに類似する意匠”と利用については書かれていて、抵触については”特許権、著作権”と”権”が書かれていることからも明白だと思います。

正しくは、
一方の客体を実施すると他方の客体を全て実施することになり逆が成り立たない一方的関係
だと思うのですが、正しいですか?

抵触は逆に権利ですので、
二つの権利が重複していて、一方の権利客体を実施すると他方の権利客体の全体を実施することになる双方的実施関係で、納得しています。
正しいですか?


Re: 利用と抵触 - 管理人
2016/06/29 (Wed) 12:14:23
「一方の権利を実施すると他方の権利の全てを実施することになり、逆が成り立たない一方的関係」だと間違いでしょうが、「一方の権利客体を実施すると他方の権利客体の全てを実施することになり、逆が成り立たない一方的関係」なら間違いではないと思います。

例えば、「一方の意匠権に係る登録意匠を実施すると他方の意匠権に係る登録意匠の全てを実施することになり、逆が成り立たない一方的関係」なら間違いではないでしょう。

なお、「 一方の客体を実施すると他方の客体を全て実施することになり逆が成り立たない一方的関係」は、何の客体なのか分からないような気がします。


Re: 利用と抵触 - あやパパ
2016/06/29 (Wed) 20:37:52
管理人様。返信ありがとうございます。

利用は
権利と権利との関係である
と書くと、論文で零点になることがあると解説もありました。

一方の意匠権が他方の意匠権を利用する
だとNGで
一方の意匠権にかかる登録意匠が他方の意匠権にかかる登録意匠を利用する
だとOKということでしょうか?

客体の意味が分かっていないようです。
権利客体とは
権利にかかるお客のようなもの

例えば
意匠権に係る登録意匠では
権利が意匠権で客体が登録意匠
ということですか?


Re: 利用と抵触 - 管理人
2016/07/11 (Mon) 14:48:55
登録意匠の場合、主体が意匠権者で、客体が登録意匠です。

【関連記事】
「意匠の利用と論文試験」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H28年短答試験問13」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事