弁理士の日記念ブログ企画2016 (2016.06.27)

弁理士の日記念ブログ企画2016


弁理士の日を勝手に盛り上げよう!

今年もきました『弁理士の日』。
そう、7月1日です。
というわけで、今年も恒例の弁理士の日記念企画をやります。
昨年は「知財業界のトリビア」というテーマで18人の方に記事を書いて頂きました。

そして、今年のテーマは、・・・
「知財業界でホットなもの(又は新しいもの)」です。
【ホットな】現在流行したり熱中していたりするさま(Weblio類語辞書より引用)

というわけで、知財業界で現在流行している若しくは話題になっているもの・こと、
又はこれから知財業界で現在流行しそうな若しくは話題になりそうなるもの、
そんなホットな情報をぜひ教えて頂きたいと思います。

例えば、使用者等帰属制度とか、J-PlatPatの固定リンク化(2017年予定)とか、
社内ブームやマイブームでも構いません。

知財系ブロガーの皆様!
この企画をきっかけに、流行を発信してみませんか?
きっと面白い記事になると思いますよ!

というわけで、この記事をご覧になって、
ご参加をご検討いただける方は、当記事にコメント下さい。
または、twitterのハッシュタグ「 #benrishinohi 」で参加表明をお願いします!
なお、メールでの御参加表明はこちらへ「benrishikoza@gmail.com>」

後日、まとめを作らせて頂きます。

【参加方法】
・弁理士の日(7月1日)に、テーマに沿った記事をブログに掲載する。
 (掲載・参加辞退等の連絡は不要です)               以上

【現在のご参加ブログ様 or ご参加検討ブログ様】
IPFbiz
名古屋の商標亭
今様枕草子
what’s the 446?
いなぽんの”特許作家”日記
歌って踊れる女士のブログ
弁理士という生き方
IP eyes
知的財産と調査
弁理士 越場洋のブログ
IP Woman
希望は天上にあり
知財部員を辞めた人のブログ
問題解決中
商標実務のブログ
brevaxen の知財関連ブログ
副代表弁理士の非公式ブログ
理系ママの弁理士のお仕事~お仕事復帰したて
知財界のボランチ 弁理士 折坂のブログ
「私と知財と音楽と」 ダメダメ弁理士のグダグダBLOG

テーマ : ビジネス - ジャンル : ビジネス

弁理士試験-押さえておくべき判決 (2016.06.27)

押さえておくべき判決

プロダクトバイプロセスクレームなど - あやパパ
2016/06/09 (Thu) 07:01:12
管理人様
最近受けた答練にて、プロダクトバイプロセスクレームが出題され、最判H27.6.5と新しい審査基準とが引き合いに出されました。私は、通信教育で予備校の講座を受けているため、このような最新の情報が入ってきておらず、非常に困惑をこの直前期にしている次第です。
e-Access事件の後もすぐに論文試験に出たと聞いております。

上記の他に、
最近の事例で、押さえておくべき事項がありましたが、ご教授いただきたく、宜しくお願いします。


Re: プロダクトバイプロセスクレームなど - 管理人
2016/06/09 (Thu) 12:08:17
手前味噌ですが、弊ブログにて最新情報を紹介しています。

【関連】
「判例集」(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-category-21.html)
「改正」
(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-category-19.html)


Re: プロダクトバイプロセスクレームなど - あやパパ
2016/06/10 (Fri) 03:16:34
管理人様
返信ありがとうございます。
答練で、フランチャイズチェーンが用いた標章について”自己の名称を普通に用いられる方法で用いたことに相当するか?”という問題が最近出たのですが、
管理人様のブログを読ませていただいて納得しました。
判例が意識されて問題は作られるのですね。
ありがとうございます。

ただ、ブログの判例がとてもたくさんあって少々困惑もしております。
これだけは押さえておきなさい
というのがありましたらアドバイスお願いします。


Re: プロダクトバイプロセスクレームなど - 管理人
2016/06/10 (Fri) 11:57:56
判決の場合、最高裁判例と大合議判決を押さえれば十分だと思います。


【関連記事】
「判例集」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H28年短答試験問13」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

弁理士試験-特43条1項について (2016.06.21)

特43条1項について

特43条第1項 - ジュウ
2016/06/06 (Mon) 21:21:17
特許法43条第1項の、優先権主張をする旨等を記載した書面を提出できる、
経済産業省令で定める期間は原則1年4月です。
一方パリ条約優先期間は1年です。
ここでひっかかっているのですが、これはつまり、
先の特許出願Aから1年以内に後の特許出願Bをして、
その後、Aから1年4月以内に優先権主張書面を提出すれば、
BについてAによる優先権が認められるということなのでしょうか??


Re: 特43条第1項 - 管理人
2016/06/08 (Wed) 12:07:29
先の特許出願Aから1年以内に後の特許出願Bをして、その後、出願Aから1年4月以内に優先権主張書面を提出すれば、出願Bについて出願Aに基づく優先権が認められます。

ただ、普通は日本国出願時には優先権を主張することが決まってますから、願書に必要な事項を記載して優先権主張書面の提出は省略します。


【関連記事】
「原出願で主張していないと分割出願で優先権を主張できません」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H28年短答試験問11」です。


テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事