弁理士試験-特許と意匠と公然実施 (2015.08.21)

特許と意匠と公然実施

特許と意匠と公然実施 - あやパパ
2015/08/16 (Sun) 08:45:30
学園祭で展示したが誰も来なかった場合、
特許ではNG,意匠はSAFEと予備校では機械的に覚えさせられたのですが、
特許では29条1項2号(公然実施)があるのにたいして、
意匠では3条にない
ことが根拠条文でしょうか?

実際に見られたかについては
特許29条1項は必要、29条2項、3項では不要
意匠法3条1項では必要、3条2項(29条3項に相当)では不要、3項(類似)では1項2項に付随。
で正しいでしょうか?

公然と実施とのANDでワード検索はしました。よろしくお願いします。


Re: 特許と意匠と公然実施 - 管理人
2015/08/19 (Wed) 14:37:39
まず、実際に見られたかについては、
特29条1項は必要、同2、3項では不要、
意3条1項では必要、同2項では不要、3項では1、2項に基づきます。

さて、学園祭で展示したが誰も来なかった場合に特許ではNGでも、意匠はSAFEになるのは、特許の公然実施が「公然知られるおそれのある状況で実施をされた発明」を含むからです。
意匠の公然実施は、意匠が物品の外観であるために、公然実施をすれば全て公知になるので条文上は規定されていません。

一方、特許の公知の場合は、技術的に理解されることを意味しますので、公然実施をしても公知になったことを証明できない場合があり、そのような場合に特29条2項で対処します。
したがって、意匠に公然実施の規定がないことが根拠になるというのはちょっと違う気がします。


【関連記事】
「部品の意匠の公知」


↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H27年短答試験問35」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

H16年改正後の職務発明訴訟の事例2 (2015.08.21)

H16年改正後の職務発明訴訟の事例2

平成26年(ネ)第10126号 職務発明対価請求控訴事件

H16年改正後の職務発明訴訟の事例について、知財高裁の判決が出ました。
結論は地裁と同様で、原告(使用者)の職務発明規程を適用するのが不合理であるとしつつも、独占の利益がないので特許を受ける権利を承継させたことによる相当対価は認められませんでした。

ただ、不合理性の判断に考慮される各要件について以下のように認定している点が注目です。
特に、協議と意見の聴取の辺りは自社の規程を再確認した方がよいと思います。
新入社員、中途採用者に対する協議をしっかり行う必要がありそうですね(徹底が難しい)。

①協議の状況
職務発明規程が従業者の入社前に策定されていた場合、協議はなかったものと解される。
ただし、職務発明規程が策定された後に雇用された者との間では、既に策定されている職務発明規程を前提にして個別に協議をすれば(又は職務発明規程の内容を説明の上で了承を得れば)、協議」があったと解される
なお、雇用される際の書面に、職務発明規程等を確認することを求める記載があり、従業者がこれに署名していたとしても、単に被控訴人発明規程を確認することを求めただけでは、協議があったとはいえないと解される

②基準の開示の状況
職務発明規程が社内のイントラネットを通じて従業者らに開示されており、且つ発明者もその内容を確認することができれば、開示されていると解される
また、特許を受ける権利を使用者等に承継させる前に、発明者へ職務発明規程が個別に開示されれば、開示されていると解される。

③意見の聴取の状況
「意見の聴取」は、従業者等に対し意見を陳述する機会を付与すれば足りる。
具体的には、職務発明規程において意見の聴取手続及び不服申立の手続等が定めているか、または個別に発明者に対して意見の聴取機会を付与していれば、意見の聴取があったものと解される
なお、発明者が特許を受ける権利の譲渡を拒んでいて意見聴取できなかったとしても、意見の聴取機会がなかったことの正当な理由にはならない。

④その他の事情
発明者の給与が高額であったとしても、それだけでは労務の対価であるに過ぎず、考慮すべきその他の事情とは認められない。
なお、発明者が、発明後に発明をしたことに基づいて特別の待遇を受けたことも認められれば、発明者の給与額は考慮すべきその他の事情と解される。

⑤不合理性の認定
職務発明規程がに従業者らの意見が反映されて策定されていないこと、又は職務発明規程を従業者らが事前にこれを知らないことは、不合理であると判断される事情に解される。
さらに、対価の算定に当たって、発明者の意見の聴取機会がなかったことも、不合理であると判断される事情に解される。
なお、少なくとも①協議があったとはいえず且つ③意意見の聴取機会がなかった場合には、不合理であると判断され得る。
ただし、「協議の状況」、「基準の開示の状況」及び「意見の聴取の状況」は、不合理性の認定のための考慮要素にすぎず、「協議」、「基準の開示」又は「意見の聴取」の存在が合理性の認定のための要件となるものではない。

【関連記事】
「H16年改正後の職務発明訴訟の事例」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H27年短答試験問34」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン

テーマ : ビジネス - ジャンル : ビジネス

下町ロケットが連ドラ化! (2015.08.19)

下町ロケットが連ドラ化!

日曜劇場 『下町ロケット』(TBS)
阿部寛、土屋太鳳のコメント到着!池井戸潤「下町ロケット」ドラマに(アメーバニュース)

池井戸潤原作の『下町ロケット』がTBS日曜劇場でドラマ化されるそうです。
主演は阿部寛・・・これは絶対に録画せねば!!

下町ロケットといえば、
特許を話題の一つとしていながら、
珍しく的を得た内容で、しかも面白いという稀有な作品です。

過去にはWOWOWドラマでも放送されていましたが、
とうとう全国放送ですか。
これは楽しみです。

ちなみに、原作には弁理士も登場しますが、
使えない弁理士役です。
この辺りは、どこかの誰かの意向が働いてるようないないような気もします。
が、弁理士は使えないと思われてるのが通常なので、
ある意味で正しい表現ですね。

ところで、某会のゆるキャラさんは、
ドラマの撮影現場を訪問するとか、
広報的に活動できないものですかね。
こういう時こそ某広告代理店様の力を活かせるのではないでしょうか。

【関連記事】
「下町ロケットのドラマの件」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H27年短答試験問34」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン

テーマ : ビジネス - ジャンル : ビジネス

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事