FC2ブログ

弁理士試験-H19問7枝2 (2014.12.16)

H19問7枝2

H19-6および57 - 青本PDF
2014/12/06 (Sat) 08:42:46
お世話になります。H19年の意匠の問題で枝2は「受ける権利」の譲渡を考慮しているのに対して、枝3は乙が甲より譲渡された場合、登録を受けれるのではないでしょうか?
正解は枝5なのはわかりますが、枝3も正解では?。
補足ですが、同年19-57枝4でも、乙が「受ける権利」または「意匠権」を査定時までに譲渡されることを考慮されているようですが、問題に一貫性が無いような気がします。


Re: H19-6および57 - 管理人
2014/12/06 (Sat) 14:53:24
問題に一貫性が無い場合もありますが、御質問の問いは一貫性があるかと思われます。

さて、H19問6ですが、以下の問題ですね。
〔6〕甲が、自ら創作した意匠イについて意匠登録出願Aをして意匠登録を受け、Aの出願の日後、その意匠登録に係る意匠公報の発行の日前に、意匠イの一部と類似の意匠ロについて意匠登録出願Bがあった場合に関し、次のうち、正しいものは、どれか。
 ただし、特に文中に示した場合を除き、意匠登録出願は、いかなる優先権の主張も伴わず、分割又は変更に係るものでも、補正後の新出願でもないものとする。」

枝2及び3は以下の通りです。
「2 乙が、意匠ロを自ら創作し、Bをした場合において、意匠ロが、意匠登録を受けることができる場合はない。
 3 意匠イが部分意匠で、意匠ロが意匠イに係る物品の部品の意匠である場合において、乙が、意匠ロについてBをして意匠登録を受けることができる場合がある。」

そして、枝2については、甲が乙から出願Bに係る意匠登録を受ける権利を譲り受ければ、意匠ロが登録を受けられる可能性はあります。
一方、枝3において、乙が甲から「意匠権」を譲渡されたとしても、出願Aの出願人は甲のままですので、出願人同一という要件を満たせず、乙は意匠登録を受けることができないのだと思われます。

なお、問57枝4については、意3条の2と異なり、意10条の場合には自己の登録意匠と類似する関連意匠の登録が認められるために、意匠権を後願の査定時までに譲渡されれば、登録され得るということだと思われます。


Re: H19-6および57 - 青本PDF
2014/12/07 (Sun) 07:46:22
ご回答ありがとうございます。

一方、枝3において、乙が甲から「意匠権」を譲渡されたとしても、出願Aの出願人は甲のままですので、出願人同一という要件を満たせず、乙は意匠登録を受けることができないのだと思われます。

とのことですが、枝3も枝2同様「意匠権」ではなくて、「受ける権利」を譲渡され、出願人を乙としてBをすればいいのではないでしょうか?
引き続きよろしくお願いします。


Re: Re: H19-6および57 - タイガー
2014/12/08 (Mon) 12:27:22
意匠登録により「意匠登録を受ける権利」は発展的に消滅し、
「意匠権」が発生する。

なので、登録により出願Aの出願人は甲で固定となる。


Re: H19-6および57 - 青本PDF
2014/12/10 (Wed) 15:58:18
タイガー様 ご回答有難うございます。
発展的消滅は理解しておりますが、
私が想定しているのは、甲が設定登録する前に乙が出願がした場合です。問題からはその場合も考慮しなければならないのでは?と思いました。
私の読解力が足らないのでしょうか?


Re: Re: H19-6および57 - タイガー
2014/12/10 (Wed) 18:36:15
「甲が、自ら創作した意匠イについて意匠登録出願Aをして意匠登録を受け、」
=甲がイに係るAを出願し、「受ける権利」を譲渡せずに登録に至る
=(いつ出願しても)乙はイに係るAの出願人になれない


Re: H19-6および57 - 青本PDF
2014/12/11 (Thu) 11:25:05
タイガー様

何度も有難うございます。理解できました。
おっしゃるとおり、「~意匠登録出願Aをして意匠登録を受け、」とあるので、
A出願--->B出願---->A設定---->A公報だとしても、
設定登録された事実に変わりないわけですよね?


Re: H19-6および57 - 管理人
2014/12/11 (Thu) 12:12:20
タイガーさん
回答へのご協力ありがとうございます。

さて、
A出願--->乙へ受ける権利譲渡---->B出願---->B登録---->甲へ受ける権利譲渡(返却)---->A設定登録---->A公報
だとすれば、乙は意匠登録を受けることができるかもしれませんし、設定登録された事実に変わりはないです。
しかし、通常はあり得ないので、題意(先願が部分意匠で、後願が先願に係る物品の部品の意匠である場合の意3条の2に適用を問う)からしても、考慮すべき範囲から大きく外れていると思います。

なお、出願人同一の判断時点は、B出願時ではなく、B査定時です。


Re: Re: H19-6および57 - タイガー
2014/12/12 (Fri) 08:32:31
勿論「A出願--->B出願---->A設定---->A公報」も検討が必要。
検討の結果、上記1つ目のイコール(甲は「受ける権利」を譲渡せず)
*詳細は、管理人殿の説明参照
従って、「受ける権利」の発展的消滅のケースと合わせ、上記2つ目のイコール(A(に係るイ)の登録前後のいつ出願しても乙はAの出願人になれない)となる

【関連記事】
「H19問57枝4」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H26年短答試験問36(短答解説)」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 弁理士試験 意匠

弁理士試験-H25問2枝2 (2014.12.16)

H25問2枝2

H25-02の枝2に関して - 湘南の初学者
2014/12/01 (Mon) 19:38:24
お世話になっております。

前回の質問に引き続き、質問させていただきます。
下記リンク先の枝2は未だに×となる理由が判りません。
組物の意匠の物品の区分には、ナイフとフォークの組み合わせは無いと言う事なのでしょうか?
http://benrishikoza.web.fc2.com/kakomon/h25tanto/h25tanto.html


Re: H25-02の枝2に関して - HYOUEI
2014/12/01 (Mon) 19:45:35
条文通りです。「2以上」と規定されており、物品がナイフとフォークでは、2以上を満たさず、他の枝をみれば、明らかに3つの物品が含まれています。


Re: H25-02の枝2に関して - hanna
2014/12/01 (Mon) 20:28:46
HYOUEIさんのいう通りではありません!!
「n以上」の数値範囲には「n」が含まれます(nは整数)。

×(バツ)となる根拠は、ナイフとフォークの組み合わせが「経済産業省令で定めるもの」に該当しないからです。
詳しいことは、意匠審査基準72.1.1に記載されています。つまり、経済産業省令である施行規則の別表第二に掲げる組物の中に
「一組のナイフ、フォーク及びスプーンセット」
はありますが、
「一組のナイフ及びフォークセット」
がないということです。


Re: H25-02の枝2に関して - 湘南の初学者
2014/12/02 (Tue) 20:16:06
皆様、御返答ありがとうございます。

組物の意匠の物品の区分には、ナイフ+フォークは無いということですね。
この枝も条文の読込だけでは、解けないということですね...


Re: H25-02の枝2に関して - 管理人
2014/12/03 (Wed) 17:40:02
hannaさん、HYOUEIさん
回答へのご協力ありがとうございます。

一応補足をしておきます。

恐らく出題者としては、
「(「一組の飲食用ナイフ、フォーク及びスプーンセット」の組物の意匠に係る意匠登録出願をした場合、)願書に添付された図面に、持ち手の部分に同一の模様が施された飲食用ナイフと飲食用フォークの意匠のみが記載されている場合であっても、組物の意匠の意匠登録を受けることができる。」
という問題を出したかったのだと思います。
それを、上記カッコ内の記載が抜けたのか、校正の段階で削除してしまったのでしょう。

出題の意図としては、組物の意匠は、原則、組物の構成物品表のそれぞれの「構成物品」の欄内に掲げられる全物品を少なくとも各一品ずつ含むものでなければならない、ということを知っているか否かを問うことかと思われます(「一組の飲食用ナイフ、フォーク及びスプーンセット」は、ナイフ、フォーク、スプーンを少なくとも各一品ずつ含むものでなければならない)。
※組物の構成物品表:http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/isyou-shinsa_kijun/betten.pdf)


Re: H25-02の枝2に関して - 湘南の初学者
2014/12/03 (Wed) 18:54:56
管理人様、hanna様、HYOUEI様

御回答、誠にありがとうございました。
出題の意図、解法、共に納得致しました。

【関連記事】
「請求項毎の訂正請求と審決確定」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H26年短答試験問36(短答解説)」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 弁理士試験 意匠

弁理士試験-審判における、「請求項ごと」の意味 (2014.12.16)

審判における、「請求項ごと」の意味

Re: 審判における、「請求項ごと」の意味 - NON
2014/11/29 (Sat) 20:44:50
特許法123条第2文は、「2以上の請求項に係るものについては、請求項ごとに請求することができる」という任意規定となっていて、「請求項ごとに請求しなければならない」という義務規定ではないですよね?

そこで、複数の請求項に係る特許権に対して無効審判を請求する際に、審判請求書の請求の趣旨に「特許第○○○○○○○号の全ての発明についての特許を無効とする、審判費用は被請求人の負担とする、との審決を求める。」と記載して、「請求項ごと」に請求するのではないことを明確に示した場合、どうなるのでしょうか?


Re: 審判における、「請求項ごと」の意味 - 初球者
2014/11/30 (Sun) 10:28:25
123条に「請求項ごとに請求しなければならない」と書かれてあったら、明細書の新規事項追加や冒認など請求項に関わらないものは無効審判できないことになりますよね?

以下、正確性に欠けるところはご勘弁いただき、ざっくりと書いてみます。

明細書の新規事項追加を理由として無効審判するなら、123条第1文に基づき「特許ごと」に無効審判を請求することになり、審決も「事件ごと」に確定する。

新規性・進歩性違反を理由として「請求項に対して」無効審判する場合は、123条第2文に基づき「請求項ごと」に無効審判を請求することになり、審決も「請求項ごと」に確定する。

よって、「全ての発明についての特許を無効とする」と書いても「発明=請求項」ですから請求項に対してなされた無効審判であることに変わりはなく、請求項ごとに確定します。

ただし明細書の一覧性の問題から、一群の請求項については一群ごとに確定してくれないと請求項の内容が把握できなくなるので、一群の請求項ごとに確定する。

間違ってたら私の勉強にもなるので、ご指摘いただけるとうれしいです。


Re: 審判における、「請求項ごと」の意味 - NON
2014/12/03 (Wed) 00:06:25
初球者さん、コメントありがとうございました。

条文は「請求項ごとに請求することができる」と規定していますが、実際の運用は「請求項ごとに請求したものとみなす」ということなのかもしれませんね。

あくまでも特許権全体を一体的に無効とすることを請求するのだと、とことんまで争ってみたら、どうなるなるでしょうね。


Re: 審判における、「請求項ごと」の意味 - 初球者
2014/12/03 (Wed) 00:35:08
「あくまでも特許権全体を一体的に無効とすることを請求するのだと、とことんまで争ってみたら」

⇒認められない請求の仕方は、審決却下じゃないっすか?(笑)


Re: 審判における、「請求項ごと」の意味 - 管理人
2014/12/03 (Wed) 12:30:29
初球者さん
回答へのご協力ありがとうございます。

さて、請求の趣旨に「特許第○○○○○○○号の全ての発明についての特許を無効とする、審判費用は被請求人の負担とする、との審決を求める。」と記載した場合、全部無効を求める請求であるとして取り扱われると思われます(料金不足等の問題が無ければ)。

例えば、昔の無効審判請求書の作成要領には、「特許第○○○○○○○号の特許を無効とする。審判費用は被請求人の負担とする。との審決を求める。」という、請求の趣旨の記載例があります。
(https://www.jpo.go.jp/tetuzuki/sinpan/sinpan2/pdf/sample_bill_sinpan/03_12.pdf)

なお、明細書の新規事項追加であろうが、新規性の不備であろうが、請求項ごとの請求が可能です。
例えば、1000項の請求項がある特許の請求項1だけを無効にしたい場合に、他の請求項の分まで請求人に料金を負担させるのは酷ですよね。
また、H23改正本に詳しいですが、審決は原則として審判事件毎に確定します。

ところで、「特許権全体を一体的に無効とすることを請求する」というのは、全部無効の求めですので、請求として認められると思われます。
仮に形式的に認められないならば、補正命令(特133条)が出て、これに応じなけれ決定却下の対象となるでしょう。


【関連記事】
「請求項毎の訂正請求と審決確定」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H26年短答試験問36(短答解説)」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 弁理士試験 特許 特123条

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事