弁理士試験-青本:意3条の2の説明 (2014.09.30)

青本:意3条の2の説明

3条の2ただしがきがわからない - 口述まであと少し
2014/09/29 (Mon) 23:11:02
意匠法3条の2の但し書きの趣旨について青本では「(従来)デザイン開発において、製品全体、個々の部品の順に順次デザインが決定されていく開発実態に合わせて適時に出願することが困難であることや、・・・意匠権の取得が戦略的に行えないといった問題が生じていた」と書いてあります。この「適時に出願」というところがわかりません。うまく戦略的に出願したら登録できうるように書いてありますが、但し書き導入前においては、先願の全体意匠の登録後に部品等を出願しても公知により拒絶され、登録前に出願しても但し書きのない3条の2本文で拒絶され、どっちにしろ拒絶されるんではないでしょうか。根本的に理解していないようなのですがよろしくご教授ください。


Re: 3条の2ただしがきがわからない - タイガー
2014/09/30 (Tue) 02:03:08
適時はできず、同時(同日)に出願せざるを得なかったという事ではないんですか


Re: 3条の2ただしがきがわからない - 管理人
2014/09/30 (Tue) 14:47:20
タイガーさん
回答へのご協力ありがとうございます。

さて、ご質問ですが、但し書き導入前においてはどっちにしろ拒絶されてしまうという問題があったので、但し書きを導入したということです。
つまり、デザイン開発において、製品全体、個々の部品の順に順次デザインが決定されていく開発実態に合わせて適時に出願することが困難である・・・といった問題が生じていたので、H18年改正により但し書きを設けたのです。

なお、改正本もご参照ください。
http://www.jpo.go.jp/shiryou/hourei/kakokai/pdf/h18_kaisei/1-3.pdf

【関連記事】
「意3条の2とデザイン開発」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H26年短答試験問24(短答解説)」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 意3条の2 弁理士試験 意匠

弁理士試験-防護標章登録出願の変更 (2014.09.30)

防護標章登録出願の変更

通常の商標登録出願 - ぷーさん
2014/09/26 (Fri) 11:00:34
連続して申し訳ありません。商標法11条で、「通常の商標登録出願(団体商標の商標登録出願及び地域団体商標の商標登録出願以外の商標登録出願をいう。以下同じ。)」と規定されています。
12条で防護標章登録出願を商標登録出願に変更できる、とありますが、この「商標登録出願」と「通常の商標登録出願」は同じでしょうか。つまり、防護は地域団体や団体出願に変更できるのでしょうか。


Re: 通常の商標登録出願 - 口述受験生
2014/09/26 (Fri) 11:29:41
12条の「商標登録出願」は、
 団体商標の商標登録出願、
 地域団体商標の商標登録出願、
 通常の商標登録出願
という3種類の出願を含むものです。
実際、H24年3日目の口述本試で問われています。

【関連記事】
「団体商標の防護標章登録」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H26年短答試験問24(短答解説)」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 商12条 弁理士試験 商標

弁理士試験-青本:特44条2項の説明 (2014.09.30)

青本:特44条2項の説明

遡及しないこと - ぷーさん
2014/09/24 (Wed) 18:12:27
青本165ページにおいて、特許法44条2項で「30条3項の書類提出期間の起算にまで適用すると事実上本条の規定を活用しえない場合も生じてくる」と説明があるのですが具体的によくわかりません。これは何を言っているのでしょう。


Re: 遡及しないこと - 管理人
2014/09/26 (Fri) 12:26:43
特44条2項ただし書においては、特30条3項、特41条4項及び特43条1項の適用については、新たな特許出願(分割出願)は、もとの特許出願の時にしたものとはみなされないことを規定しています。

つまり、上記各条文で規定された提出書類について、親出願の出願日を基準に提出期限が定められると解釈すると、分割出願の際には提出できなくなり、各条文の規定を活用できなくなってしまいます。
そこで、遡及させずに提出を可能としているのです。

【関連記事】
「特44条第2項但し書き」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H26年短答試験問24(短答解説)」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特44条2項 弁理士試験 特許

最新記事
カウントダウン

神戸の税理士が送る試験カウント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第19版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事