FC2ブログ

弁理士試験-改正法施工日と出題範囲 (2014.06.27)

改正法施工日と出題範囲

平成26年法改正 - 青本
2014/06/06 (Fri) 10:41:03
平成26の法改正で、特許異議申し立て、国際意匠登録出願などが設けられると思います。
この改正が施行されるのは何時からなのでしょうか?

又、弁理士試験の内容に入ってくるのは、何時からでしょうか?
現在進行中の試験に反映されることってありますか?
(今年の論文試験からとか、口述試験からとか・・・)

よろしくお願いします。


Re: 平成26年法改正 - 管理人
2014/06/06 (Fri) 14:33:04
例年通りであれば、2015年4月1日施行かと思います。
したがって、今年度の試験に反映されることはありません。
可能性でいえば、口述試験で聞かれることもゼロではないでしょうが、採点には影響しないものと思われます。

【関連記事】
「意匠の間接侵害」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H26年短答試験問06(短答解説)」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 改正法施工日と出題範囲 弁理士試験

弁理士試験-意29条の2と間接侵害 (2014.06.27)

意29条の2と間接侵害

意匠法29条の2 - 初心者(海外在住)
2014/05/31 (Sat) 18:51:48
標題についてご教示いただきたいです。
先願が部分意匠で、後願が全体意匠だった場合は、
先願に対して先出願による通常実施権は認められないようなのですが、
そうすると先願が拒絶された後に実施の事業をしていた場合は、後願の意匠権者から間接侵害で訴えられる恐れがあると思うのですが、
そうすると、先願が全体意匠だった場合に先出願による通常実施権が認められるのに対して、
不公平にはならないのでしょうか。
よく理解できないので、理由をご教示いただきたいです。
宜しくお願い致します


Re: 意匠法29条の2 - 管理人
2014/06/02 (Mon) 12:01:28
「後願の意匠権者から間接侵害で訴えられる恐れがある」とおっしゃっておりますが、意3条1項各号で拒絶されるような部分意匠が、後願に係る全体意匠に対して意38条1号のいわゆる「のみ品」には当たる可能性は低いと思います(言い換えると、後願に係る全体意匠とは非類似の全体意匠が公知になっているはずです)。


【関連記事】
「意匠の間接侵害」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H26年短答試験問06(短答解説)」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 意29条の2 弁理士試験 意匠

弁理士試験-H26短答問11 (2014.06.27)

H26短答問11

H26-11 - 太陽王
2014/06/01 (Sun) 21:03:05
ところで今年の短答問題[11]ですが、条文集をあたってもわからないので解説いただきたいです。

〔11〕商標法におけるマドリッド協定の議定書に基づく特例に関し、次の(イ)~(ホ)のうち、正しいものは、いくつあるか。
(正解は一つ)

(イ) 日本国民であっても、日本国内に住所又は居所(法人にあっては、営業所)を有しなければ、国際登録出願をすることはできない。
=>68条の2.日本国民ならOKなので×。

(ロ) 日本国において商標登録を有する外国人は誰でも、国際登録出願をすることができる。
=>68条の2.日本国内に住所若しくは居所がないとダメなので×。

(ハ) 国際登録の名義人は、国際登録の存続期間の更新をする場合、国際登録の存続期間の更新の申請を特許庁長官にしなければならない。
=>68条の5.長官でもよいが、国際事務局に直接してもよいので×。

(ニ) 国際登録の名義人の変更の記録の請求は、国際登録において指定された商品又は役務ごとにすることができ、さらに、国際登録が効力を有する締約国のうち一部の締約国に
ついてもすることができる。
=>68条の6.できるので○。

(ホ) 国際登録出願の出願人は、国際登録出願後はいつでも国際登録の保護を求める締約国を追加する手続を特許庁長官にすることができる。
=>「いつでも」がダウトな気がするが、68条の4をみてもモヤっと。

以上、よろしくお願いします。


Re: H26-11 - 初学者
2014/06/01 (Sun) 21:52:57
国際登録後はいつでも、締約国を追加する手続きができる。
なので、ホが×なんでしょう。
出願から、登録までの間はできないって解釈ですかね。


Re: H26-11 - H26短答受験者
2014/06/03 (Tue) 13:58:27
答えは、初学者さんのご回答の通りと思います。
商68条の4には「国際登録後のもの」と記載されています。議定書3条の3(2)も併せてご参照ください。
また、国際登録出願の後に、当該国際登録出願が却下又は放棄された場合、「国際登録」はされません。
具体的には、以下のような場合です。
(1) 出願後、所定の手数料が納付されないとき、特許庁は、出願人に対して補正指令を行いますが、これに従わない場合、当該国際登録出願は却下処分となります(68条の7)。
(2) 国際登録出願の願書等に不備(手数料に関する不備を除く。)があるとき、特許庁は、出願人に対して方式不備通知を行いますが、これに従わないときでも、当該国際登録出願はそのまま国際事務局へ送付されます。その後、国際事務局は、方式について審査し、欠陥是正通報を出願人宛に送付することとなりますが、これに従わない場合、当該国際登録出願は、放棄されたものとみなされます(議定書共通規則11(2))。


Re: H26-11 - 太陽王
2014/06/04 (Wed) 21:48:07
初学者様, H26短答受験者様

ありがとうございます。
国際登録出願~国際登録の間は事後指定できない。
初めて知りました(^^;)

勉強になりました。


【関連記事】
「特許法46条-46条の2」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H26年短答試験問06(短答解説)」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : H26短答問11 弁理士試験 商標

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事