FC2ブログ

弁理士試験-意3条の2と秘密意匠 (2014.05.28)

意3条の2と秘密意匠

意匠法3条の2 - あやパパ
2014/05/24 (Sat) 10:20:35
この直前に恐縮なのですが、どうか助けてください。
3条の2では、
①先願の意匠公報の発行の日までに出願した後願の意匠登録出願に対して、3条の2が適用される
と理解しています。
②特許法29条の2では、発行の日ではなく、発行の時と理解しています。
ここで、
③先願の意匠が秘密意匠の場合ですが、2回目の公報発行までに出願で3条の2適用なのか、2回目の公報発行の日までに出願で3条の2適用なのか、がわかりません。

3条の2を読み返すと、
当該意匠登録出願後に(中略)意匠公報に掲載されたもの
となっていて、3条の2も、29条の2にも違いはありません。どうも大きな勘違いをしていそうで、お助けください。

Wordの講座を読み、検索もしてみたのですが、良くわかりませんでした。

宜しくお願いします。


Re: 意匠法3条の2 - 管理人
2014/05/24 (Sat) 21:28:33
直前ですのでとり急ぎ。
条文通り、意20条3項の意匠公報なので、1回目の公報発行の時までの出願に意3条の2が適用されます。

なお、先願が秘密意匠の場合は、秘密請求期間の経過後で、掲載すべき事項のすべてが掲載された意匠公報の発行日後に拒絶の理由を通知をすることとし、それまでは待ち通知が発せられます。


【関連記事】
「意匠法3条の2-4条」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H25年短答試験問10(短答解説)訂正!」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 意3条の2 弁理士試験 意匠

弁理士試験-意29条の2第1号 (2014.05.28)

意29条の2第1号

意匠法29条の2 - yutaro
2014/05/20 (Tue) 23:25:14
お世話になっております。

意匠法29条の2について質問があります。

第二十九条の二  意匠登録出願に係る意匠を知らないで自らその意匠若しくはこれに類似する意匠の創作をし、又は意匠登録出願に係る意匠を知らないでその意匠若しくはこれに類似する意匠の創作をした者から知得して、意匠権の設定の登録の際現に日本国内においてその意匠又はこれに類似する意匠の実施である事業をしている者又はその事業の準備をしている者(前条に該当する者を除く。)は、次の各号のいずれにも該当する場合に限り、その実施又は準備をしている意匠及び事業の目的の範囲内において、その意匠登録出願に係る意匠権について通常実施権を有する。
一  その意匠登録出願の日前に、自らその意匠又はこれに類似する意匠について意匠登録出願をし、当該意匠登録出願に係る意匠の実施である事業をしている者又はその事業の準備をしている者であること。

上記のように、柱書きにおいて、「意匠権の設定の登録の際現に日本国内においてその意匠又はこれに類似する意匠の実施である事業をしている者又はその事業の準備をしている者」
とありますが、
その下の第1号において、再び「当該意匠登録出願に係る意匠の実施である事業をしている者又はその事業の準備をしている者」となっています。

同じ内容が重複しているように見えるのですが、
第1号で再び書く意味はあるのでしょうか?

あるいは、第1号の「その意匠登録出願の日前に、」は、
「当該意匠登録出願に係る意匠の実施である事業をしている者又はその事業の準備をしている者」にも係るのでしょうか?しかし、だとすると、この場合29条の先使用に当たる気がしますが・・・。

以上よろしくお願いします。


Re: 意匠法29条の2 - 管理人
2014/05/22 (Thu) 12:24:50
意29条の2柱書きにおいては、他人の登録意匠を実施している者であることについて規定し、且つ同1号では、自らした意匠登録出願に係る意匠を実施している者であるという要件を規定しています。
よって、重複ではないです。


Re: 意匠法29条の2 - yutaro
2014/05/22 (Thu) 21:28:33
管理人様、ご回答ありがとうございます。

重複でないこと理解できました。

ところでこの場合、新たな疑問が生じたのですが、
柱書きを満たしておきながら、1号を満たしていない、
つまり、「他人の登録意匠を実施しているが、自分の出願に係る意匠はしていない」
という状況はありえるのでしょうか。

1号には「その意匠登録出願の日前に、自らその意匠又はこれに類似する意匠について意匠登録出願をし、」とあるので、
自分の出願に係る意匠は必然的に他人の登録意匠と同一又は類似となると思います。
すると、他人の登録意匠を実施すると、必ず自分の出願に係る意匠を実施していることになるのではないでしょうか。


Re: 意匠法29条の2 - yutaro
2014/05/22 (Thu) 21:32:27
すみません、4行目少し訂正します。

>柱書きを満たしておきながら、1号を満たしていない、
→柱書きを満たしておきながら、1号の後半を満たしていない、


Re: 意匠法29条の2 - 管理人
2014/05/23 (Fri) 12:05:44
1号の後半を満たしていないことは、無いかもしれないですね。
ただ、そのように条文を分けて重複を議論することに意味があるとは思えません。


Re: 意匠法29条の2 - yutaro
2014/05/24 (Sat) 00:13:22
そうですよね。
自分が何か勘違いや見落としをしてないかの確認でした。
穴のない法律を作ってあるととらえておきます。
ありがとうございました。


【関連記事】
「意匠法29条の2」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H25年短答試験問10(短答解説)訂正!」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 意29条の2第1号 弁理士試験 意匠

弁理士試験-満了の日の属する年の経過の時 (2014.05.28)

満了の日の属する年の経過の時

特112条5項 - 初心者(海外在住)
2014/05/20 (Tue) 23:20:43
特112条5項の「存続期間の満了の日の属する年の経過の時」というのは、どの時点を指しているのでしょうか?よろしくお願いします。


Re: 特112条5項 - 管理人
2014/05/22 (Thu) 12:19:10
満了日の属する年の登録日に対応する日のことです。
例えば、登録日を(2005/5/16)とし、満了日を(2010/11/25)とすると、満了する日の属する年の経過の時は(2011/5/16)です。

【関連記事】
「特許法111-120条」

↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、直近の本室更新は「H25年短答試験問10(短答解説)訂正!」です。


↓弁理士試験ならLECオンライン Wセミナーで資料請求してね↓
  
弁理士サイトはこちら

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

tag : 特112条5項 弁理士試験 特許

最新記事
ブログ村ランキング
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

ドクガク

Author:ドクガク
独学の弁理士講座の管理人です。日ごろの業務に活かせるノウハウや、試験情報を投稿していきますので、宜しくお願いします。

benrishikozaはTwitterをつかっています!

検索フォーム
フリーエリア
 青本第20版新発売!

平成26年改正本販売中


論文試験にお勧め
管理人愛用の疲れないボールペン! 『GLAMOUR SOFT』(プラチナ万年筆)


QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
カウンター
人気の記事